FREE HAND(フリーハンド)は、オイルレザーを中心とした本革のクラフトマンズショップです。バッグ(鞄)革小物レザーウェアなどをオリジナル製作(手作り)、販売しています。

                    

 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□■メンテナンス・シリーズ       < 2003年1月25日号  VOL.011 >

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第9回 (2)靴のメンテナンス

 一般的に靴に使用される牛革や豚革などの素材は、スムース(無地又は型押しなど吟面付きのもの)とスエード・ヌバックなど起毛されたものに分類される。 
今回はスムースの革靴について配信します。

 【1】 
スムースのお手入れは、まず豚毛などの毛足の硬めのブラシでほこりや汚れを落とすこと。

 【2】 
靴用のクリーナーを使用して革の表面に付着している汚れや、表面に残っている油分やワックスを落とす。

 【3】 
シューズクリーム(靴墨)を小さいブラシで塗布していく。(注1)
(小さいブラシは使い古した歯ブラシで代用しても良い)
ある程度塗布したら、毛足の柔らかな馬毛などのブラシを使用して全体に均等になる様にのばしていく。

 【4】 
クリームを塗布した後、乾燥した布で空拭きをする。 円を描く様に軽く磨いていくとツヤが出やすい。(注2)

 【5】 
コバ部分はブラシを使用して泥や汚れを丁寧に除去してから磨くと良い。 その後ブラシにクリームを少量とり、コバに沿ってこするのではなく、コバに押し付けたブラシを外側へはじく様にすると革を傷めることも少なくて良い。

 【雨】 
大雨に濡れた時は革の表面に白い粉が浮き出してくることがある。 これは汗の塩分が蓄積されたもの、また保革成分として使用されている油脂が雨によって溶け出して表面に出てきたものである。 このような場合はクリーナーを布に含ませて、白く浮き出た塩分や脂分を拭き取っていく。
シワになっている部分は柔らかいブラシを使用して丁寧に取り除くと良い。
勿論、濡れた靴はシューキーパーを入れて形を整え風通しの良い場所で陰干しすることが必要である。 シューキーパーが無い場合は新聞紙を詰めて形を整えても良いが靴が乾燥するまで、新聞紙をまめに取り替える必要がある。

 【日頃の注意】 
同じ靴を2日連続して絶対に履かないこと。 休息を与えずに履き続けていると、シワの部分が深くなり革切れを起こし易くなる。 履かない時はシューキーパーを入れて形を整えた状態で休ませること。


 (注1)
シューズクリームは乳化性と油性タイプがある。 乳化性タイプはしっとりとした色がつき、革への栄養補給の効果があるが、油性タイプはツヤを出すことに適しているが頻繁に使い過ぎたり、1度に大量に使用すると革の表面にロウの層が出来る為通気性が妨げられてヒビ割れの原因となることがあるので注意すること。

 (注2)
よりツヤを出したい時はコットンの布でシューズクリームを塗布する。 布に固形の油性クリームを少量とり、軽く水を含ませてから塗っていく。 水を含ませることでクリームの中のロウが膜を作り、より光沢を出すことが出来る。但し、これは固形の油性クリームを使用する時のみ有効な方法である。



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□■メンテナンス・シリーズ       < 2003年2月5日号  VOL.012 >

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第11回 スエード・ヌバック靴のお手入れ

 【履く前に】 
スエード・ヌバックは起毛部に汚れやほこりが付着しやすく、水分にも弱い非常にデリケートな素材である。  したがって、履く前にスエード・ヌバック専用の防水スプレーをかけておくことが特に大切である。  スプレーをかけておくことで水分、油分等の汚れやほこりから靴を護ることが出来る。
レインガード、エレガードで代用しても良い。  いづれにしても30cm以上離して被膜を作るよう均等に吹きつけること。

 【日常のお手入れ】 
履いた後にナイロンや毛のブラシで汚れやほこりを落としておくこと。  逆毛を立てるようにブラッシングし、その後順目に添ってなでつける。
ブラッシングは汚れやほこりを落とすだけでなく、起毛の風合いを維持する効果があるので見た目にも良い。  但し、ブラッシングをすると以前にかけた防水スプレーの効果はなくなるので、再度かけておくこと。

 【汚れ】 
軽い部分的な汚れはスエード・ヌバック用の消しゴムタイプのクリーナーを使用する。ゴムに汚れが付着していないことを確認し、汚れた部分を少しずつこすっていく。
但し、強くこすりすぎると革を傷めてしまうので注意すること。  消しゴムタイプのクリーナーの代わりに食パンの白い部分を使用しても良い。

汚れがひどい時はスエードクリーナーやヌバッククリーナーを使用する。
市販されているものはほとんどがスプレー型発泡式のものである。  液体が革の毛足に入り込んで泡状となり、泡が汚れを浮き出させてくれる。  乾燥すると粉状になるので、よくはたいた後にブラッシングをする。

石鹸状のクリーナーもあるが、このタイプの使い方は通常の洗濯と同じであるので家庭用の毛糸洗い洗剤で代用出来る。  部分的に洗うと周囲との色変わりが目立つので、ボディーブラシかスポンジを使い思い切って全体を洗うこと。
乾燥には特に気を使うこと。  何度もよく拭き取り形をきちんと整えて「日陰干し」をする。  乾燥したら硬めのブラシで(歯ブラシでも可)起毛させる様にブラッシングをする。

 【色あせ】 
退色が気になる時はスエードカラー等の補色スプレーを使用することが出来る。
部分的に使用すると色ムラになりやすいので、ほこりや汚れを取り除いた後に全体に均一にスプレーをかける。  スプレーと靴との距離を一定にしながら行うと色ムラになることが少ない。  但し、目立たない部分で必ず試してから行うこと。

 【ソール&コバ】 
レザーソールの革は硬くて丈夫であるが、水分に弱くヒビ割れを起こしやすいので油分、栄養分の補給をしておくと良い。  タオル等に水を含ませ、ソールの汚れを拭き取る。  乾燥したら乳化性のクリームを塗り浸透させる。(ソールに限りミンクオイルも使用可)
スエード・ヌバック靴のコバは、スムースタイプの革靴の様にクリームを使用してブラッシング出来ないので、とにかくまめにブラッシングをして汚れやほこりを取り除くこと。

 【日頃の注意 その2】 
紐靴は必ず紐をゆるめてから脱ぎ履きをすること。  踵を擦り合わせて脱ぐと革を傷めてしまう。  特にスエード・ヌバックは擦り合わせた部分の毛足がなくなってしまうことがあるので注意。



  Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□■メンテナンス・シリーズ       < 2003年2月15日号  VOL.013 >

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第11回 革ジャン、革コートのお手入れ

 【日頃のお手入れ】 
着用後に毛足の柔らかいブラシでほこりを落としておく事。 ほこりは湿気を含みカビの原因となるので常に気をつけておくと良い。

 【雨】 
濡れたときは出来るだけ早くタオルなどでたたく様にして水分を拭き取りハンガーにかけて形を整え風通しの良い場所で日陰干しをする。
早く乾燥させる為にストーブやドライヤーの熱風を当てたりすると革が収縮し、形崩れを起こすことがあるので注意。(ドライヤーの送風可)

 【汚れ】 
軽い汚れは消しゴムタイプのクリーナーを使用する。 クリーナーに汚れが付着していないか確認し少しずつこすっていく。
但し、こすりすぎると革の色が落ちたり革を傷める事があるので注意。

汚れが目立つ時は乳液状のクリーナーを使用しても良い。
クリーナーを直接革に塗るとシミになりやすいので、必ず柔らかい布にクリーナーを馴染ませてから全体を素早く拭き上げる様にする。(注1)
直接皮膚が接触する襟、袖、ポケットの口等は脂汚れが付きやすく放置すると黒ずんでくるので適時行うと良い。
最後にクリーナー成分を拭き取る様に空拭きをする。

 【栄養】 
クリーナー等を使用した後は油分と栄養分の補給をしておく。
乾いた布にスポーツオイルを適量とり全体に延ばすように塗っていく。
肘、袖口、裾等、曲げたりすれたりする部分は念入りに行うこと。
オイルを補給した後に乾いた布で空拭きをするとツヤも生まれてくる。

 【金具】 
ファスナー ・・・ すべりが悪くなったらファスナースライダーを塗布する。
           ロウソクをこすりつけても良い。
ホック    ・・・ 止まらなくなった場合は販売店、メーカーに相談して
            交換してもらうこと。

 【保存】 
革衣料で最も多いトラブルが「カビ」。 カビは表面を拭き取って一時的に目立たなくすることは出来るが、カビ菌が革の繊維に根を張っているので温度、湿度など条件が揃うと再びはえてくる。
そうならない為に、特に長期間着用しない時の保管には注意すべきである。

長期間保存する時は上記の【汚れ】【栄養】のお手入れを行った後に、十分日陰干しをする。  ジャケット、コートの肩の厚さに合うハンガーにかけほこりをかぶらない様にして(注2)、風通しの良い場所に保管しておくこと。
重量のあるコート等は、ハンガーにかけるとそれ自体の重さで伸びてしまうことがあるので大きくたたんで(シワを少なくする様に)保管した方が良い。

ハンガーにかけた時もたたむ時も必ず1着ずつ袋に入れること。
色の薄いものと濃いものが密着した状態にあると、色が移る事がある。
また、クローゼット等に詰め込んだ状態にあると前後の洋服のファスナーやボタンのあたりが出てしまうことがあるので余裕あるスペースで保管する事。
上記の点に注意していても時々取り出してチェックをし、風に当てること。

(注1)クリーナー等を使用する際は必ず目立たない部分で試すこと。
    揮発性の高いものは色落ちを起こすだけでなく革の表面が浮き出して
    しまう(吟浮き)ことがあるので使用厳禁。
(注2)通気性の良いもの(不織布など)で出来た袋を使用すると良い。
    ビニール袋は通気性が悪く湿気がたまりカビの原因になるので
    ゼッタイに使用しないこと。
                                   (皮革製作室) (N)



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□■メンテナンス・シリーズ       < 2003年2月25日号  VOL.014 >

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第12回 (5)革小物のお手入れ

バッグ等より使用頻度の圧倒的に高い財布などの革小物は、わずかな修理・補修で済む状態の時に、何の処置もしないで使い続けてしまい寿命を短くしてしまったというケースをよく聞く。  日頃から下記の点に注意しておくと良い。

 【糸】
長年使用していると糸が擦り切れたり、ほつれたりすることがある。
このような場合はその距離が長くならないうちに同系色の糸で手縫いしておくと、その部分から急速に壊れるのを防ぐことが出来る。
折れ曲がる部分や縁の部分は負荷がかかることが多いので常にチェックすること。 

 【金具】 
(ファスナー)  すべりが悪くなったらファスナースライダーを塗布する。
(ホック)     止まらなくなったら販売店、メーカーに相談して交換してもらう。
(くもり)     金具が曇った時は金属磨きで光沢を戻す。
          但しこすりすぎるとメッキをはがすことがあるので注意。

 【ベルト】 
金具の当たる部分や背中の中心にくる部分は常に負荷がかかるので、素材に適した油分や栄養分を補給すると良い。

 【長持ちさせるポイント】 
財布等の小物をパンツの後ポケットに入れないこと。 汗の塩分によって革が傷むだけでなく、色落ちすることがある。 また椅子などに座っている時は負荷が大きくかかっているので形崩れも起こしやすくなる。
                            (皮革製作室) (M)



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□■メンテナンス・シリーズ       < 2003年3月5日号  VOL.015 >

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第13回 驚異の復活術

  長年お手入れもしないで使い続けてきた革製品、もう捨ててしまおうと思っていた
物など諦める前に、この方法を試してみると良い。  驚く程甦るかもしれない。
身近にある<牛乳>を用いてやってみよう。

【1】 革の表面の汚れやほこりを落とす。
【2】 革がよく乾燥しているか(パサパサした感があるか)チェックする。
    湿り気が感じられたら行わないこと。
【3】 コップなどに牛乳を入れ、その中にコットンの布などを浸す。
【4】 牛乳を十分に含ませた布で牛乳を革に含ませる様に拭き、栄養分の補給を
    する。(注1) 牛乳分はたっぷりとしかも全体に素早く含ませていく。
    表面の見える部分だけでなくバッグなどは蓋やポケットの裏側なども含ませる。
    牛乳があまり浸透しないケースは革の裏側から含ませても良い。
【5】 牛乳で栄養分の補給をしたら、2〜3日風通しの良い場所で日陰干しをする。
    牛乳は脂肪質分に比べて水分が多いので十分に乾燥させる。(注2)
【6】 十分乾燥したらスポーツオイルを適量布にとり全体に薄くのばす様に塗り
    油分の補給をする。(注3)
【7】 乾燥した布で空拭きをする。 表面に摩擦熱が起こる位強く磨きあげると
    ツヤも生まれてくる。 牛乳の持つカゼインが表皮に残っていて光沢を生じる。


(注1)この方法はスエード、ヌバックなど起毛した素材以外のスムースレザー(表革)
    にかぎり有効である。  また牛乳やオイルを含ませる時は必ず目立たない
    場所で試してから行うこと。
(注2)乾燥を十分させないと「カビ」の原因となる。
(注3)バッグなどは形崩れの怖れがあるので、使用するオイルは液体系のミンクオイ
ルは使用せず、固形のスポーツオイルなどが適している。

                            (皮革制作室) (J)



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□■メンテナンス・シリーズ       < 2003年3月15日号  VOL.016 >

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第14回ベルトのお手入れ

ベルトはバッグや靴に比べてお手入れされることが少なく、且つ毎日使用されることが
多いアイテムである。  今回はフリーハンドが行っているコバ(革の切り口)の
処理方法も配信する。  大変難度の高い方法であるがチャレンジしてみよう。

 【革】 
 柔らかい布やブラシを使用してほこりや汚れを取り除く。
スポーツオイルを適量布に取り、革全体に薄くすり込む様に塗っていく。(背中にくる
部分やバックルに当たる部分は負荷が大きくかかるので特に念入りに油分を補給して
おくと良い)
十分に浸透させたら乾いた布で空拭きをするとツヤが生まれる。

 【コバ】 
 グリセリン剤(布海苔で代用しても良い)と布の切れ端を用意する。
グリセリン剤はゼリー状よりも少し柔らかい位の状態になる様、お湯を加えて調整
しておくこと。
机等の端にベルトのコバを揃えて置き片手でおさえて固定する。  布にグリセリン材
を含ませ、布をコバに押しつける様にしてコバに沿って磨いていく。
ポイントはベルトが動かない様にしっかりと手でおさえながら、均等に力を入れて布を
動かすことである。
磨いた部分が滑らかになり光沢が出てきたら完成。  但し磨きすぎると革の繊維が
ケバ立ち見た目も汚くなってしまうので注意すること。

 【金具】 
 バックル等にくもりが出てきたら金属磨き布を使用して磨くと良い。
但し、磨きすぎるとメッキをはがしてしまうことがあるので注意。
真鍮金具は緑青がふくことがあるが、その場合は拭き取るだけで良い。

                           (皮革製作室) (C)


Vol003〜Vol005, Vol006〜Vol010, Vol011〜Vol016


□■コラム「昨日のつづき」□■メンテナンス・シリーズ
welcomeaccessgallery
ボストンバッグ/リュックブリーフケーストートバッグハンドバッグショルダーバッグ/ポシェット
サードバッグ財布・小銭入れ各種カバー各種ケース
ベルト
時計

HOME/shopping
FreeHand Co.,Ltd
copyright: (C) Free Hand. all rights reserved.