FREE HAND(フリーハンド)は、オイルレザーを中心とした本革のクラフトマンズショップです。バッグ(鞄)革小物レザーウェアなどをオリジナル製作(手作り)、販売しています。

                    

 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□■メンテナンス・シリーズ       < 2002年11月15日号  VOL.006 >

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第4回 ヌメ革のお手入れ

【使い始める前に】

 ヌメ革はタンニンで鞣した素染め(未処理)の革である為、水や油を吸収しやすくシミになりやすい皮革素材である。
したがって、使い始める前に防水スプレーをかけてシミの予防をする事が大切である。
防水スプレーはシリコン系とフッ素系のものがあるが、フッ素系の方が革の中まで浸透しないので、シミになる恐れが少ない。  スプレーを使用する時は革に近づけ過ぎず(30cm程度離れて)1度かけるだけでなく、「スプレーをかけて乾燥させる」ことを2〜3度繰り返すとより効果的である。


【日常のお手入れ】

 使用後に乾いた布や柔らかいブラシ等でほこりを落としておくこと。
(ほこりは湿気を含んでカビの原因になることが多い)
雨等に濡れた時はすぐにタオル等で水分を拭き取ること。


【汚れ】

 軽い汚れであれば、消しゴムタイプのクリーナーを使用する。  クリーナーで汚れた部分を少しづつこすって落としていく。  但し、こすり過ぎると革の色落ちを起こしたり、革を傷めてしまうので注意。  消しゴムは使用する前にゴムに汚れが付着していないか確認する。(前回使用した時の汚れがついたままこすってしまうと却って汚れを広げてしまう)

 消しゴムタイプで落とせない位の汚れは、乳化性のクリーナーを使用する。
革に直接塗るとシミになりやすいので、柔らかい布にクリーナーをよく馴染ませて全体を一気に拭き上げる。
その後、クリーナーを拭き取る様に軽く空拭きをする。


【油分と栄養補給】

 クリーナー使用後や革の表面がパサついた感のある時は、油分と栄養の補給が必要な為、ヌメ革専用のクリームを使用する。  補給するタイプは、液体はシミになりやすいので避け、固形かムース状のものを使用すること。  どちらを使用する場合も革に直接塗らずに、柔らかい布にクリームをよく馴染ませて、全体に均等に薄くのばす様に塗ること。
 クリームを革に浸透させたら、乾燥した布で全体を空拭きしてツヤを出す。


【雨ジミ】

 雨に濡れてシミになった場合には、タオルに水を十分に含ませて(軽くしぼる程度)革全体を素早く均等に拭き上げると目立たなくなる。  但し、この時革に相当の水分を含ませている為、きちんと形を整えて風通しのよい場所で陰干しをすること。
早く乾燥させる為に、ストーブの近くに置いたり、ドライヤーの熱風を使用すると形くずれや革の劣化につながるので注意!!
また、シミになってから出来るだけ早く対処することが大切である。
何日も放置した後で行っても効果は無い。


【カビ】

 カビを生やしてしまった時は、熱めの湯で蒸しタオルを用意し(火傷に注意して行うこと)カビを拭き取る。  糸目などに生えている場合は古くなった歯ブラシ等で取り除くと良い。  拭き取った後は風通しの良い場所で陰干しして乾燥させること。
 カビは一時的に拭き取って目立たなくする事は出来るが、革の繊維にカビ菌が根をはっている為、温度、湿度、通気などの条件が揃うと、再び革の表面に生えてくる事が多い。
 したがって日常の予防が特に大切である。


【色落ち】

 革の色落ちが気になる時は、バインダー等の色止め剤を表面に塗ることで抑える事が出来る。  但し、色止め剤は革の皮膚呼吸も止めてしまうので、革の為には本来的には良いものではない。  どうしても使用する時は、スプレータイプのものがムラが少なく塗れて良い。
 色落ちは、革に使用されている塩基性の染料が、人間の汗によって引き出される事で起きる為、汗をよくかく時期には色の淡い衣服の着用を避けるのも対処方法の一つである。


【保管】

 長期間使用しないで保存する時は、ほこりにならない様に通気性の良い袋(不織布等)に入れて、風通しの良い場所で保管すること。(ビニール袋で密閉して押入れやクローゼットの奥に入れないこと)
 また、保管する際に他の皮革製品と密着した状態であると色が移る事があるので注意!!


【日焼けは厳禁】

 ヌメ革は色変わりが楽しめる素材であるが、意図的に直射日光に当てて色を変えようとしないこと!!  これは我々人間が日焼けするのと同じ事であり、革の水分、油分が蒸発して皮膚繊維を脆くする原因となる。  先ゆき革切れやひび割れを起こしやすく取り返しのつかない事になるのは言うまでもない。



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□■メンテナンス・シリーズ       < 2002年11月25日号  VOL.007 >

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第5回 クローム革のお手入れ

 クローム革は植物タンニン(シブ)で鞣した革とは異なり、三価硫酸クローム、六価クロームで鞣した皮革素材である。  端的に言えば、革の持つ本来的な丈夫な組成を壊して、安価にそして簡便に出来る様にしてある為、革本来の風合いは失われている。  言わば「死んだ革」とも言えるものであり、「気を使ってまめに手入れをしなければならない」という必要もない。

 染色も金属溶液を使用している為、タンニン鞣しの染色時の様に、水性染料を使用して革の内部から染色していく方法がとれず、革の表面にペンキを塗る様に染色せざるを得ない。  この染料はミクロン単位の厚さで革の表層に定着しているのが通常であるので、革に傷がついたり、擦れたりすると、革の地の灰色が露出してしまい、色が元に戻ることは無い。  また、長年使用すると全体的に退色していくのも仕方がないことである。
 このような染色をしている為、お手入れの際に揮発性のもの、浸透性の強いクリーナーは使用厳禁!!
 揮発性、浸透性の強い成分を含む溶剤を使用すると、色落ちを起こすだけでなく表皮と真皮の間に薬剤が入り、表皮が浮き(吟浮き)あばた状になることがある。

 クローム革はクローム溶液を含んでいる為、油を含まない皮革である。
したがって油分の補給をしても大した効果は無い。

 汚れが気になった時は乳化性のクリーナーが比較的危険が少ない。
クリーナーは革に直接塗るとシミになりやすいので、柔らかい布によくクリーナーを馴染ませて、全体に一気に拭き上げる。  その後、クリーナーを拭き取る様に軽く空拭きをする。
 軽い汚れであれば消しゴムタイプを使用しても良い。
但し、こすり過ぎると革の色落ちを起こしたり、革を傷めることがある。  また、消しゴムタイプを使用する際は、前もってゴムに汚れが付着していないか確認すること。  前回使用した時の汚れが残っていると、却って汚れを広げてしまうことになる。

 クローム革は元々量産を目的に作られた革であるので、消耗品と考えて使用した方が良い。
但し、カーフ、キップ、シープ等を素材にした高級なクローム鞣しの革もあるのでその様な製品については、購入した販売店へ相談すると良い。

※クリーナー等を使用する際は必ず目立たない部分で試し、シミ等にならないことを確認してから行うこと。



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□■メンテナンス・シリーズ       < 2002年12月5日号  VOL.008 >

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第6回 スエード、ベロア、ヌバックのお手入れ

 スエード・ベロアは革の裏面(床面)を、ヌバックとは革の表面(吟面)を起毛させた素材である。 起毛させた部分の毛足の細かさや長さは差異があるが、いずれもこの毛足に汚れが付着しやすく水分にも弱いデリケートな皮革素材である。
したがって使い始める前にスエード・ヌバック専用の防水スプレーをかけておくことが特に大切である。(スプレーを使用する時には30cm程度離して全体に均一に使用すること)

【日常のお手入れ】としては、使用後にナイロンや毛のブラシで起毛している部分に入り込んだほこりを取り除くこと。 毛羽立たせる様にブラッシングすると良い。
また、掃除機を使用してほこりを吸い込んでも良い。
雨等に濡れた時は出来るだけ早くタオル等で叩くように水分を吸収させること。

【軽い汚れ】がついたときは生ゴムのブラシ(靴の補修に使うカカト用生ゴムで十分である)を使用して落とすことが出来る。
ほこりを取り除いた後に生ゴムブラシでこする様に落としていく。
その後スエード・ヌバック専用のクリーナーをスプレーし再度ブラシでこするとより汚れを落とすことが出来る。 ブラシは常にきれいな状態で使うこと。
汚れが付着したまま使用すると逆に汚れを広げてしまうことになる。
またこすり過ぎると表面の起毛を傷めることがあるので注意すること。
生ゴムブラシの代わりに食パンの白い部分を使用しても良い。

【汚れがひどい時】は市販のスエードクリーナーやヌバッククリーナーを使う事も出来る。 ほとんどがスプレー型発泡式のもので液体が革の毛足に入り込んで泡状となり、泡が汚れを浮き出させるタイプである。 乾燥すると粉状に変化するのでよくはたいた後ブラッシングする。 (使い方、注意書をよく読むこと)

 石鹸状のクリーナーも売られているが、このタイプの使い方は通常の洗濯と同じだから、家庭用の毛糸洗い洗剤で代用できる。
方法は手洗いの洗濯と同じに行うが、一部分だけを洗うと周りとの色変わりが目立つので思い切って全体を洗ってしまう。
ボディーブラシかスポンジを使った方が良い。
注意すべきは乾燥である。何度もよく拭き取り、形をきちんと整え必ず日陰で風干しする。 乾燥したら硬めの歯ブラシやエチケットブラシ等を使って起毛させるようにブラッシングする。

 ブラッシングをするとその前にかけた防水スプレーの効果が無くなってしまう為ブラッシング後に必ず防水スプレーを使用する様習慣づけると良い。
クリーナー、スプレー等使用する時は必ず目立たない部分で試しておくこと。



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□■メンテナンス・シリーズ       < 2002年12月15日号  VOL.009 >

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第7回 爬虫類、魚類、鳥類etcのお手入れ

カメやりザード、クロコダイル等の爬虫類
鮫、エイ、鰻、穴子、等の魚類
オーストリッチ等の鳥類
山羊、羊、バッファロー等哺乳類
ペッカリー、カーピンチョ等の特殊な皮革

上記の様な素材に関しては、各メーカーによって製法に差異があり無数の鞣し方がある為、購入する際に販売店またはメーカーに相談すると良い。

フリーハンドで上記の様な素材を発表する際は、手入れの仕方を店頭で説明致します。 また、お持ち下されば手入れも致します。

その他エナメル等特殊な物もありますが、ご購入の店に相談されて手入れされると良いと思います。


次号より靴、ブーツ、革ジャン、革コート等具体的、アイテム別に説明していきます。



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□■メンテナンス・シリーズ       < 2002年12月25日号  VOL.010 >

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第8回 (1)Bagのメンテナンス

 Bagの修理依頼の90%は「糸のほつれ」と「金属に関すること」である。
そして、その殆んどが日頃の自己チェックで防げるものであり、したがって無駄な
修理費用がかからない。

 【糸】 
長年使用していくと糸が擦り切れたり、ほつれたりすることがある。
そのような場合は距離が長くならないうちに手縫いをすると良い。  革のBagは
ミシン穴が大きいので簡単に縫える。  特に革の重なる部分をチェックする事。
糸は木綿糸でも絹糸でも良いから同系色で。


 【金具】 
「ファスナー」 すべりが悪くなったらファスナースライダーを塗布する。
ローソクをファスナーにこすりつけてみても良い。

「ホック」 止まらなくなった場合は販売店、メーカーに相談して交換してもらうこと。

「ネジ」 ネジ止めになっている金具は長期間使用しているとゆるんでくることがある
ので、適宜ネジを締める様に習慣づけておくと不意の金具の脱落を防ぐことが出来る。

「くもり」 金具がくもった時は金属磨き布でこすると光沢が戻ってくる。  
但し、こすり過ぎるとメッキ等もはがしてしまうことがあるので注意。

「緑青」 真鍮金具に緑青が出て来た時は拭き取るだけで良い。


 【ショルダー】 
常に負荷が大きくかかる部分の為、素材に適した油分、栄養分の
補給をしておくと傷みが少ない。


 【角】 
擦れることが多い部分の為、素材に適した油分、栄養分の補給をしておく。
クローム革は擦れすぎると革の下地の「グレー色」が出て来てしまうので注意。


 【持ち手】 
直接手が触れる部分の為、汗を吸収し、手垢や汚れも付着しやすい。
汗は革の繊維を弱くするので、日頃の油分、栄養の補給が特に大切である。


 【中生地(裏地)】 
長期間使用すると破れたり、切れたりすることがある。
中生地を新しいものに交換するには、バッグの全解体をしなければならない為、
大変高額な費用がかかる。  したがって少しでも切れた時にすぐに手縫いをして
おくと、そこから一気に広がることは防ぐことが出来る。


 【形くずれ】 
使用時に無理に荷物を入れ過ぎないこと。  
使用しない時は新聞紙等で詰め物をして形を整えておくと良い。


 【長持ちさせるポイント】 
どれほど丈夫な革で製作したバッグでも、毎日使い続けるのは修理の原因となります。  
適度な休息が必要です。


Vol003〜Vol005 Vol006〜Vol010 Vol011〜Vol016


□■コラム「昨日のつづき」□■メンテナンス・シリーズ
welcomeaccessgallery
ボストンバッグ/リュックブリーフケーストートバッグハンドバッグショルダーバッグ/ポシェット
サードバッグ財布・小銭入れ各種カバー各種ケース
ベルト
時計

HOME/shopping
FreeHand Co.,Ltd
copyright: (C) Free Hand. all rights reserved.