FREE HAND(フリーハンド)は、オイルレザーを中心とした本革のクラフトマンズショップです。バッグ(鞄)革小物レザーウェアなどをオリジナル製作(手作り)、販売しています。

                    
目次
 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2004年3月20日号  VOL.041


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──良いかばんを考える(4)──

 良い鞄の見分け方について、<大前提はハギの無い革を使っていることである。>
この事は前回までに詳しく述べたので、その他のチェックポイントを書いて行こう。

 (3)金具のチェック・・・・フリーハンドがアトリエを開設して約25年経つが
その間に持ち込まれた鞄修理の内容は、9割以上が金具の破損によるものであり
ファスナー交換も含めて大半は金属の磨耗による破損が原因となっている。
読者は驚かれるかも知れないが、あらためてオイルレザーの強さを認識されると思う

 さて、実際に毎日使われるような鞄は、それだけに金属の摩擦が避けられず、いつか
金属割れを起こす。 修理を予想すれば出来るだけ鞄の解体を伴わない金属交換を
予測してデザインされている必要がある。  チェックポイントとしては使用された
金具類が鞄本体にどの様に取り付けられているかを見れば判断出来るであろう。
専門的な知識は必要で無い。  金具が壊れる事で、収納された大切な内容物が落ちて
しまう様な形状をした鞄は、直せる事を想定して作られていない。
金具自体を本体に埋め込んでいるような物は論外だ。

 補足だが、鞄金具は強度から見ても真鍮製が望ましい。
鉄やニッケルをメッキした物は錆びやすいし脆い。 緑青を嫌う人がいるかも知れないが
拭き取れば良いだけの事だ。  F.Hでは真鍮にゴールドやシルバーのメッキを
かけた物を出来るだけ使用している。  見分け方ですか?・・磁石を使って下さい。

 (4)ストラップやハンドルの取り付け方・・・・鞄本体に縫い付けられた部分の
最も上部に位置するラインが、ダブルステッチされているかチェックする。
または、その位置に金属カシメが正しく打ち込まれていれば、ここから壊れる事は無い。

 次回は縫製について。                       ──次号につづく── (F)



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2004年4月25日号  VOL.042


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──良いかばんを考える(5)──

針と糸で縫うと言うこと

 約20年程前の話だが、何にでも好奇心を抱く筆者は、ふと思いついて都内の
出身小学校を訪れた。  家庭科の先生に協力して貰い、児童40〜50人程の
クラスで、厚手の綿布を2枚づつ全員に配って、何の説明もせずに「この布を縫い
合わせて雑巾を作って下さい」と話した。

 用意したものは、各自に針1本と5色程の木綿糸である。  30分程の時間内
だったが、出来上がったものは巧拙は別として、1人の例外も無く同じ形だった。
使用した糸色の黒や赤や青の差はあるものの、まず2枚の布の縁を四方に縫い止めて
次に対角線を縫い合わせる。手の早い子は、更に辺の2等分線上を十字に縫いつける
と言う、旧日本海軍旗のようなデザインだ。  そして、縫線が曲がらずに真っ直ぐ
に出来た子は嬉しげな様子で、ピッチも均一な子は、とても誇らしげだった。

 実は、全く同じ事をイタリアのフィレンツェ近くの学校で行なった事がある。
年頃も同じような子供達で、20人程の人数だったが、驚くべき事に結果は1つとして
同じものは無かったのだ。  最初から真っ直ぐ縫おうとする意識の無い子、2枚の
布のセンターあたりから渦巻状に縫う子、糸色でカラーコーディネイトする子、
布を3角折りしてから縫う子・・・・と、それはとても感動的な情景であった。
──民族性の違いを実感させられた体験だった。

 筆者はこの時以来、アーティスト達は別にして、日本民族はアルティザン(芸術
的職人又は個性的職人)になり得ないと思っている。
しかし逆に言えば、日本人程、均質で几帳面な民族もいないと思っている。
国内全ての工房や工場で、入社し立ての見習い職人の誰でもが、指示する迄も無い程
縫製は真っ直ぐであろうとし、曲がれば失敗だと感じる。
 外国人と取引を多く経験して来たが、糸落ちやラインの歪みを指摘すると、
「鞄として使用するのに何の問題もない」と逆に不思議そうに反論された事は1度や
2度では無い。  高価格で有名な某ブランドのステッチを目で追って見ると良い。
民族性を理解できる。

 さて、革と革の重なる箇所のステッチをW縫いするのは当然の事ですよ。
革の合わせ目に糸をかけるのも面倒臭がらずに行うものですよ。
良心的なメーカーの見分け方で1番簡単なのは「糸止め」の仕方かな。

                               ──次号につづく── (F)



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2004年7月5日号  VOL.043


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──ショップは緑の近くがいい──

 海外から帰国する時、日本列島が近づくと飛行機の窓から見える緑の多さには本当に
感動する。  成田にしても羽田にしても房総半島を通過するコースで降りてくるので
空から見る樹木の美しさに、「日本は良いなあ」と思わず口にしてしまう。
特に都会で育った人間にとって樹木への憧れは根深いものがある。
よく考えてみると東京にある広さをもった緑地と言えば、皇居・日比谷公園・明治神宮
代々木公園・新宿御苑・上野公園・井の頭公園等々があるが、お洒落な人達が集まる
トレンド・ゾーンが必ず近接している。(その街を好きな方には申し訳ないが、渋谷や
池袋等が少しトゲトゲして感じるのは緑が少ない所為かななどと考えてしまう。)

 今度オープンするショップから新宿御苑までは200メートル・明治神宮まで直線
400メートル・国立競技場のある神宮外苑までは直線約1キロ・北には新宿西口公園
がひかえ、と四方を緑に囲まれた所に位置している。  四季折々の花と緑を感じ乍ら
フリーハンドまで訪れて頂きたいと思っている。

 ショップ移転後の現ショップはサンプル室としてリニューアル・オープンする予定
(7/15頃)でオーダー・セミオーダーを希望するお客様とじっくりとお話出来る
ステージとして考えている。  何分頑固で偏屈な職人がいる場所になると思うので
(ショップスタッフと違って)、冷やかしのお客様は何卒ご容赦。

 革に対するウンチク・良い靴の見分け方などしばらくお休みしていた当コラムも
復活したいと思っている。  よろしくご笑読下さい。

                        ──次号につづく── (F)



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2004年8月5日号  VOL.044

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──千駄ヶ谷界隈──

 Shopを千駄ヶ谷に移して3週間が過ぎた。  ここはオフィス街の色彩が強いので
初めて来店される方にも分かり易いと好評のようだ。 又、車でのご来店も明治通りに
面していて、コインパーキングも並んでいるので便利さを喜ばれている。

 興味がおきて、江戸末期の古地図を開いて見た。 文久2年改正版としてあるから
西暦1862年で殆んど幕末と言って良い。 目星は、高遠藩内藤駿河守の下屋敷=現在の
新宿御苑である。 江戸四宿の一つで内藤新宿の地名もここから始まり、甲州街道の
起点であった所だ。 現在の新宿駅よりは1km程、四谷寄りになる。
当時から現存する「天龍寺」「千駄ヶ谷八幡(鳩森神社)」「彦根藩井伊家下屋敷
(現在の明治神宮)」等をコンパスとして考えて見ると、フリーハンドの新店舗は
紀伊家別邸と戸田越前守屋敷にはさまれた幕府の小役人達の家々跡に立地するようだ。

 江戸時代は世界史の中でも特筆すべき程、260年にもわたって平和が続いた時代だ。
封建社会で庶民は圧政に苦しんでいたなどと言うのは左傾がかった社会科教師のセリフ
で余程、現代より民衆は生活を楽しんでいたようだ。
その事を立証する理由の一つに<役人>の数が極端に少ない事をあげたい。
当時、世界最大の都市・江戸は人口約100万人(一般庶民約60万人)に対して、庶民を
管理する南北両奉行所の役人数は合計290人。月番交替だから実数145人だった訳だ。
この145人で、現在の都庁の業務・警視庁・裁判所などの実務をこなしていた事になる。
 末端の行政は、落語に出てくる「大家さん」が行う。 大家さんは店舗や長屋の所有者
ではなく、現在で言えば管理人のような立場だ。 給料は幕府からではなく土地家屋の
所有者である地主から貰う。 「五人組」などの組織を作り、何かと長屋の住人を束ね
いろいろと面倒を見ていた。 (大家と言えば親も同然)なのである。 言ってみれば
完全なる民間委譲が出来ていたと言うべきであろう。

 現在の都民人口約1200万人。 都行政に携わる公務員は何十万人いるのだろう?
145人×12倍=1740人にしろとは言わないけれど、「区民税」も「法人都民税」も
高すぎる。<役人天国>もいい加減にしろと叫びたい。 スリムな行政を望みたい。
首相も言っているでしょ。「民間に出来る事は民間に・・・」 あの党じゃダメか。


                          ──次号につづく── (F)



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2004年10月25日号  VOL.045

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──発泡酒──

 先月、今年2回目の手術入院をした。
手術自体は心配するようなものではない(と本人は思っている)ので、入院中の禁煙と
前後3週間にもなる禁酒の方が余程、辛く苦しいものだった。

 さて、医師より申し渡された禁酒期間が過ぎて、楽しみにしていた解禁日。
風呂から上がって、いざ出陣と食卓を見ると、そこには何と<発泡酒>。
「買い忘れちゃったの。ごめんね。お中元の時貰ったのが有ったから、我慢してね。」
の声は我が愛妻。  買いに行かせるのも可哀想なので(怖いので)、「全く、女って
奴は」の声は飲み込んで、ぐっっと1杯。  「まずい!!」と声に出してもう1杯。
何だこれは!!  俺が○○才の頃より親しんで愛しつづけて来た<ビール>の味では
ないぞ。  ましてこの2週間、夕食時に口寂しいので、六甲の何たら・南アルプスの
何たら・雪国の何たらを取っ替え引っ換え飲んで忍んだ、あの艱難辛苦が報われない
ではないか。  長年、愛し続けると酒も女も味が変ってしまうのだ。 と、訳の
分らない事を叫びながら、シーバスのロックを飲み過ぎてしまった。  これでまた
身体をこわしたら、<発泡酒>を送って来た従弟は一生出入り禁止にしてやる。

 ところで、世の中は<ビール>より<発泡酒>の方が売れていると言う。
何故なのだろう?  味の「差」は理解しているのだが、経済的理由を優先させている
人が多いのだろうか?  それとも、大した差に感じられないから、単純により安い
方に行っているのだろうか?  私なら毎日発泡酒を飲むのなら、週1度飲まない日を
作ってもビールを買うけどね。  そう言えば、飲み友達に好きなビール銘柄を聞くと
「何たらドライ」と答える奴が結構多い。  麦とホップが原料の筈のビールに
コーンスターチを入れたこの銘柄が、数年の間、売上げトップ独走なのだそうだ。
嗜好の変化の前に、本物志向のこだわりは、古いのだろうか?

本物の「革」でありたいと頑ななFreeHandも古いのだろうか


                          ──次号につづく── (F)

目次 次へ



□■コラム「昨日のつづき」□■メンテナンス・シリーズ
welcomeaccessgallery
ボストンバッグ/リュックブリーフケーストートバッグハンドバッグショルダーバッグ/ポシェット
サードバッグ財布・小銭入れ各種カバー各種ケースetc.
ベルト
時計

HOME/shopping
FreeHand Co.,Ltd
copyright: (C) Free Hand. all rights reserved.