FREE HAND(フリーハンド)は、オイルレザーを中心とした本革のクラフトマンズショップです。バッグ(鞄)革小物レザーウェアなどをオリジナル製作(手作り)、販売しています。

                    
目次
Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2003年9月5日号  VOL.031


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 □□昨日のつづき□□

──良い革製品を考える(9)──

フリーハンドのアトリエに「職人になりたいので雇ってくれ」とのTelやMailが
時々来る。 言い方を換えると「鞄づくりを教えてくれ」との事だ。
27才ぐらい迄の方なら面接をするが、それ以上の方は全てお断りしている。
職人の修行は、若ければ若い程良いのは自明の理だ。 基礎を叩き込む時間がある。

 20代後半や、まして30才代の人に修行の時間が足りないと言うのでは無い。
革が好き・鞄や靴が好きと言った嗜好を既に持っているし、御社(F.Hの)製品の
良さが分かるとか、モノづくりの姿勢に共感するとか言った判断力まで手に入れている。
扱うべき素材が決まっていて、比較の上で良し悪しが見分けられ、職人として生きる
自覚を得たのなら、すぐにでも材料を買いに行き、自宅で作り始めれば良い筈だ。
学校を探す事も、工房を見つける事も不要だ。 基本的な作り方は、本屋へ行けば、
充分に足りる。

 これからの時代の鞄づくりや靴づくりは、徹底的な造形・デザインが勝負だ。
又は、他社の追随を許さない技術に裏打ちされた顧客の信頼が必要とされる。
日本国内の人口は減り続けるし、まして中国やロシアへの輸出まで考えれば、
量産大衆品を作る職人に将来は乏しい。 それならば、既製の工法に影響されずに、
独学で自分だけの手法でモノづくりを始めた方が、余程、明るい未来が開ける。

 前出Vol17「サントリーレッドの呪い」で書いたように、私達フリーハンドは
師匠を持たずにアトリエを開いた。 見学に来る他社の職人達が不思議がる程、独特の
作り方をしている。 楽に作れる工法を習わなかったからだ。 しかし、それが独自の
スタイルとなり、同時に誇れる自信ともなっているのだ。
                                      (F)
                                 ──次号につづく──



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2003年9月15日号  VOL.032


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 □□昨日のつづき□□

──良い革製品を考える(10)──

 良い革製品とは何か?を、原皮・鞣し・染色について考えて来た。
革の良し悪しを、消費者が一目で見抜く事は難しいが、このコラムの読者は
おぼろげかも知れないが、見分け方の手段を手に入れたと思う。
今号からは、組み立て・縫製など製作現場について考えて見よう。
製品となったBagや靴・財布類をチェックして、職人の技術やメーカーとしての姿勢を
判断する事は、見るべきポイントさえ知っていれば、革の良し悪しを見分ける事より
数段容易だ。  その第一段階として職人やメーカーの心理面を考えて見よう。

 作り手にとって、いつも悩んでいる事がある。 「最高品質の素材を吟味した上で
出来る限りの手をかけてやりたい」気持と、「原材料費を抑えたい、製作コスト=時間
を縮小したい」気持ちとのカットウだ。 しかし、これは絶対的な矛盾と言うものであり
許せる範囲の素材で、目をつぶれる程度に技術を加えるなどと言う現実は有り得ない。
必然、どちらかに決定的に片寄るものであって、一方は作品的方向に進んで行き、
他方は流通商品となって行く。

 現存の商品は、このどちらかしか有り得ない筈で判断もし易い筈なのだが、消費者を
惑わす最大の原因は<売価>にある。換言すれば作り手の設定する<掛け率>にある。
掛け率は、問屋の利益や百貨店・小売店の利益の他、流通費・営業経費・広告宣伝費・
販促費・売れ残り危険率などメーカーそれぞれの要因によって異なるが、平均的には
原価×2,5〜4,0程度であろうか?(筆者の知っている中で、国内某メーカーの10,0
などと言う法外な掛け率もある事はあるが・・・)

 具体的に書こう。 例えば、常時 雑誌などに露出する掛け率10,0のメーカーの
\50,000のBagの原価は\5,000だ。 対して、直営店のみの販売を行うメーカーが
前述した中間経費は一切かからない為、掛け率1,8に設定したとすれば、この会社の
\50,000のものは、\28,000のコストが費やされている。 コスト較差は6倍近い。
問題は、Aメーカーの(5,000×10,0=\50,000)の商品と、Bメーカー(20,000×
1,8=\36,000)の商品を比較して、3,6万円より5万円の方が、きっと良いものだろう
と思い、タレントの△△さんも持っていると安心する人が多いという事実である。

 見分けるべきポイントを知っている重要性がここにある。
次回より、このポイントについて具体的に述べる。             (F)
                                      ──次号につづく──



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2003年10月5日号  VOL.033


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 □□昨日のつづき□□

──良いかばんを考える(1)──

 過日、フリーハンドのお客様でもあるY医師より興味深い話を伺った。
「上手な手術をする医師は、執刀する時メス先を直線で切らずに微妙に動かしている。
その執刀医の縫合した手術痕はきれいで目立たなくなるのだ」  筆者は不遜にも
「皮膚のカットだけなら私にも出来る」と答えて2人で笑いあった。

 カンの良い読者なら、もうお分かりだろうが、皮膚には肌目がありシワがある。
手の甲でも腕の部分でも、皮をつまんでタテヨコに引っ張ってみると、伸びる方向と
伸びない方向があることに気づく筈だ。  肉体は様々な動きをするが皮膚繊維は
その運動を補い、また妨げない様に作られている。

 例えばベルトを作る時、この繊維の伸びる方向と並行に裁断した製品は
使用していると、どんどん延びてしまう。  バッグで言えば、荷重のかかる底部や
持ち手やストラップの取り付け位置には必ず伸びない方向の部分を使用しなければ
ならない。  ボストンバッグやブリーフケースの変形したものを良く見かけるが
革の裁断時に、この肌目を無視し、1枚の革からより多くのパーツを得ようと
経済効率を優先させた某メーカーの製品が多い。

 良心的なメーカーは、少なくとも腹部は捨てて、肩・背・腰の部分しか使用しない。
1頭分の革の約半分は捨てているのだ。
出来上がったバッグや靴の負荷のかかる部分を見て、それが動物の体のどの部位かを
見分けるには、かなり熟練を要する。  しかし、この負荷のかかる部分に着目すると
メーカーのモノづくりに対する姿勢は簡単に見抜くことが出来る。

                                      (F)
                                 ──次号につづく──



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2003年10月15日号  VOL.034


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 □□昨日のつづき□□

──閑話休題(総選挙)──

 昨今の新聞・TVでは、衆議院の解散・総選挙が既定事実のように喧伝されている。
昔から『選挙期間中消費が冷え込む』と言われており、もしそうなら、現状の経済状態
を考えても、不安のタネが一つ増える。  来夏には参議院の選挙もあり、
庶民感覚としては出来れば一緒に済ませて欲しいと思う。  聞いた話だが、
党利党略を優先して、強硬に分割選挙を主張しているところがあったそうだ。

 どちらにしろ、将来の自分達の安全と安定を決める様なものに、なりそうなので
じっくりと考えて投票に行こうと思う。  心配なのは全ての党の全ての候補者が
「己の利益を求めず、国民の為になる人材は私」と口を揃えて言うことだ。
タテマエとホンネを使い分けるのを止めてくれないかと思う。
ホンネがどこにあるかを見極めるため、情報を集めるだけ集め、それぞれの情報の
真偽を検討するなんて時間は事実上無理だ。  そうかと言って購読1社だけの
新聞情報や機関紙の全面的信じ込みなんてマッピラゴメンでい。

 都知事が北朝鮮よりと言われる外交官を名指しで「爆弾を仕掛けられて当然の男」
と発言して、ニュースやワイドショーで相当叩かれていたけど、元芸能リポーターや
タレントや漫画家のおばさんに型どおりのコメントを言わせる事は無い。
テレビ局も新聞も、その発言を論評無しで載せ、放送すれば良いのだ。
国政に携わる人物の発言も、地方の首長の発言にも、もっともらしい評論をリベラルな
顔をして語ったり書いたりする事はいらない。

 前述の発言も「よく言ってくれた」と思えば次の選挙で投票すれば良いし、人間的に
問題があると判断した時は、選挙で投票しなければ良いだけの話だ。
茶菓接待の座談会を開こうとする奴も、バス旅行を企画する奴に対しても、有権者が
判断すれば良い。  ましてや洗脳されるのは勝手だが、その論理を人の家にまで来て
語るなよ。   有権者は、いつまでもバカじゃ無い。
                                 (F)
                            ──次号につづく──



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2003年10月25日号  VOL.035


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□

──無題──

 身体の調子を崩して、先週末から4日間寝込んでしまった。
病院での検査の結果、入院する程のものでは無く、過労によるものとの診断だった。
<オイルショック>の頃の新卒で世の中は<モーレツ時代>だったから
朝8時出社で、帰社は平均午前2時〜3時が、入社した会社だった。
部長が午前1時迄居るので、課長はそのあと、課長が帰らないので係長以下は
結局2時過ぎとなっていた。  自動車会社だったので、誰も終電を気にしなかった
のかも知れない。  専攻ゼミは労働法だったのだが、学校を出た途端、ローキ法等
頭の中からすっかり抜け落ちていた。  働くっていうのは、そんなもんだと思って
いた。(睡眠時間を補うサボり方も身につけたが・・・・)

 春の社員旅行以外は、元日しか休ませてくれない会社だったので、退職した後も
それが習い性になっていて、まず仕事を休む事は無い。
仕事がイヤだと思った事が無いばかりか、夜中に目を覚ますと、このまま仕事場に
行こうかと思うのだからワーカホリックかも知れない。
友人の医師に「としを考えろ」と年中言われている。

 話は変わるが、4日間寝込んでいる中で、あまりの辛さに苦しい時の神頼み(仏か)
薬師如来の真言「オンコロコロセンダリマトオギソワカ」と唱えてみた。(ちなみに
仏の真言などこれしか知らない。若い頃旅先の寺に書かれてたのを覚えていたのだ)
頭の中で経(?)を唱える間だけ、何か痛みが減った様な気がする。
不思議な事だが、明確な実感があった。 こんな時は素直に信じれば良いのだろうか?
「信ぜよ。さらば救われん」ってのも有ったよね。

 友達も含めて、人は信じる事にしている。裏切られた事もあったけど、それでも人を
信じようと思う。疑ってばかりいると、信じられる人と巡り会ったかもしれないのに
自分の前を通り過ぎて行ってしまう。
何を書いているのだろう。  未だ熱があるのかも知れない。
                                   ──次号につづく── (F)
目次 次へ



□■コラム「昨日のつづき」□■メンテナンス・シリーズ
welcomeaccessgallery
ボストンバッグ/リュックブリーフケーストートバッグハンドバッグショルダーバッグ/ポシェット
サードバッグ財布・小銭入れ各種カバー各種ケースetc.
ベルト
時計

HOME/shopping
FreeHand Co.,Ltd
copyright: (C) Free Hand. all rights reserved.