FREE HAND(フリーハンド)は、オイルレザーを中心とした本革のクラフトマンズショップです。バッグ(鞄)革小物レザーウェアなどをオリジナル製作(手作り)、販売しています。

                    
目次
 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2003年6月25日号  VOL.026


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 □□昨日のつづき□□

──良い革製品を考える(4)──

 前号までで、(傷痕やシワ等が目に見える革が良い質の革である)との理由が、
理解できた筈だ。  そこで、今号は染色について考えて見よう。

 革の染色法は、二種類ある。
一つは、ペンキを塗るように、染料を霧状にして皮の表面に吹きつけて行く方法と、
一つは、染料の入ったプール(桶)に革を漬け入れて染める方法だ。
前者を、吹き染めと言い、後者を水染めと言う。

 吹き染めは、染めたい色を必要な分量だけ、均質に作れる利点があり、又前号で
書いた(型押し)や(プリント)などの他に、質として問題のある革を、この染色方法
で、ごまかす事もできる。  厚くファンデーションを塗ると理解しても良い。

 市販の9割以上の革製品は、この吹き染めで生産されており、「白」を含む
原色や、パステルカラー等、鮮やかな色は、殆んど全てと言って良い。

 しかし結局は、染料を革の表面にデシミクロン程、吹きつけられただけなので、
同じ部分を何度も擦ると、塗料が剥がれて、グレーっぽい生地の色が出てしまう。
鞄・靴・ベルト等、買って暫くすると、色が退色したり変色したり、剥がれたりした
経験を持つ方は、少なくない筈だ。

 対して水染めは、何のような利点と欠点があるか?
又、両者の識別方法は何か?・・・等は、次号で。

                                            (F)
                                      ──次号につづく─



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2003年7月5日号  VOL.027


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 □□昨日のつづき□□

──良い革製品を考える(5)──

 皮は鞣されて革となっても、毛穴を通して呼吸している。
空気や湿分を、取り入れたり吐き出したり、皮革繊維として最善な状態を、自然に保つ
ようなメカニズムが、備っている。 革は生きていると言われる理由が、ここにある。

 しかし、革の表面に染料を吹きつけて、染料膜を作ってしまったら、この<呼吸>は
閉ざされてしまう。  特に、内部に封じ込められた湿気は、逃げ場を失い、やがて、
「カビ」の繁殖を生じる。又、空気の流入が無い革は、老化が進み、ヒビ割れする。

 従って、長い期間の使用を保証するためには、染色は水染めでなければならない。
だが、水染めには大きな欠点もある。 1枚(1頭)の革を、染料プールに漬け込み
染め上げても、均等に染まらないと言う欠点だ。 ある部分は濃く、ある部分は淡く、
言わば<色ムラ>が出てしまう。

 当然の事として、動物素材である革は、肩・背・腰・胸・腹などの部位それぞれの
繊維密度が異なっている。 単純に言えば、皮フの柔かい部位も硬い部位も
あるのが皮なのだ。染料の浸透し易い場所も、し難い部分も当然ある。  
同じ個体の革でも色ムラは当然あって当たり前だ。
まして個体が違えば、仕上り色は、一枚一枚、微妙に異ってくるのだ。

 必然的に、クレームを怖れる百貨店や、均質である事が前提の通販業者は、
水染め革を扱いたがらない。
又、染色のコストも、加工する職人のコストも、吹き染め革に比べて相当割り高となる。  
結果、量産品に水染め革はあり得ない。

──同型同色のモノを2つ並べて、色差が無ければ水染め革ではない。──


                                            (F)
                                      ──次号につづく─



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2003年7月25日号  VOL.028


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 □□昨日のつづき□□

──閑話休題──

 2〜3週程前より、ホームページBBSに「ルイ・ヴィトン・ネタ」が続いている。
同社の製品に対する非難や中傷に近いと感じられる文章は、HP管理者の判断において
消去させて頂いた。  折角、お寄せ下さった投稿ではあるが、お許し願いたい。

 その中で、投稿ネーム「ねずみ」さんの内容要約(表参道のヴィトンショップの店員に
高額である理由を聞いたら、高度な技術を習得した熟練の職人が、手作りで一つ一つ
作るから、と言われた)に、ついて、メルマガでお答えします。
(1)革製品は、ヴィトンじゃなくても、どこの物だって一つ一つ手作りに決まってる。
(2)メルマガでは何度も書いたが、日本の職人の方が高度な技術を持っている。
  少なくとも、丁寧さは日本のメーカーに軍配は上がる。
※ 高額を維持する為のイメージ戦略に、莫大なコストがかかるからと答えて欲しいね。

 ふた昔程前の話だが、その美貌で世界中の女性達を夢中にさせていたフランス人俳優
の「アラン・ドロン」は、貧民街出身だったため、ルイヴィトンなるブランドの存在を
知らず、彼を主役に起用し、世に送り出した監督の一人だった「ルキノ・ヴィスコンティ」
が使っていたバッグのLVマークを、監督の頭文字だと思い込んでいたそうだ。
ヴィスコンティは、イタリア貴族階級の出自である。  この逸話からも、欧州社会に
階級文化があると分るが、日本は良いよネ。女子高生もヴィトンやシャネルだものネ。


                                            (F)
                                      ──次号につづく─



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2003年8月5日号  VOL.029


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 □□昨日のつづき□□

──良い革製品を考える(6)──

 昨今、暗いニュースが続いている。「福岡一家四人惨殺」「東京女児誘拐監禁」など
センセーショナルな事件ばかりだ。 しかし、良く考えてみると、加害者側にも被害者
側にも共通するものがある事に気づく。 それは<拝金主義>とでも言うのだろうか。
最早、日本の社会全体に浸透しつくした拝金思想は、少女達の心を蝕み、わずか4才の
幼児にさえ、お金さえあれば満足が得られると思い込ませている事に愕然とさせられる。

 本来、至高な情熱であった学問の世界でも、産・学・官協同の名のもとに、研究の
過程では無く結果ばかりを優先させている。 この国では「金」にならないとの理由で
数学や基礎物理学を専攻する学生が少ないのだそうだ。 マスコミも「阪神優勝」の
語句を商標登録するような人間を、頭が良いのなんのと、持ち上げないで欲しい。

 さて、今号のテーマだが、革の生産業界も日本全体を覆う思想に侵されていて、
本質的な良い革を作ろうと努力していない。 否、作り方は知っているのだが、
あまりに苦しい作業工程と、手間ひまのかかるコストに怖れをなして<タンニン鞣し>
<水染め>から離れてゆく。  先頃、日本国内最大手の某社が<タンニン鞣し革>の
生産を停止した。  第2位メーカーも<タンニン革>から手を引きたがっている。
必然、この革の価格は高騰して行くだろう。

 消費者にも本質追求の欲求が無いため、<クローム鞣しのオイルレザー>だとか
<シリコン樹脂加工のオイルレザー>と言ったマガイモノに騙されたり、<撥水加工>
した革を単純にオイルレザーと信じ込んだりしている。
又、それらが売れるから、製品製造メーカーは、尚更、本質を追求する努力をしないし
原皮メーカーに要求さえしない・・・・・の悪循環が続いて行く。

                                            (F)
                                      ──次号につづく─



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2003年8月15・25日合併号  VOL.030


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 □□昨日のつづき□□

──良い革製品を考える(7)──

  タンニンで鞣された革の重厚な「質感」に対して、クローム革やまして合皮アクリル
製品に質感を感じないのは何故なのだろう。
又、クローム製品を所有している時の満足感の無さは、何処に由来するのだろう。
購入した時を思い出せば、価格の安さ・軽さ・使い勝手の良さ等、手に入れた時の
充足感は誰もが感じていた筈なのだ。  しかし、時間が経つにつれて愛着とでも
言うべき満足感は薄らいで行く。  HP「自慢の逸品コーナー」で15年・20年と
使用したものを公開し合っているタンニン革のものとは対極にある。

 薄らいで・・・と書いて気づいたが、それは長い歴史の中で人間が使い続けてきた
天然素材のもつ『美』が、似ていて非なるものに置き換えられた時、内なる『美』を
持たない軽薄さを感じてしまうのではないだろうか。
見た目は同じでも、プラスチック製の飯椀や汁椀では何うしても『美味さ』を感じない
し、ビニール製の畳ゴザに寝ころんでも『気持ち良さ』や『和らぎ』は味わえない。

 天然素材・自然素材は出来るだけ、その本質を変えないよう加工して使いたいと思う。
木・麻・綿・毛・絹など植物素材も動物素材も、それ自体のもつ利点を失わないよう
生活に役立たせ、合わせてその内包する『美』を味わっていたいものだ。

 <革>も経済効率を優先させたクローム革より、天然のタンニンで鞣した<シブ革>
を身のまわりに置いて欲しい。
それが結局は、自然保護にもつながって行くのだから。
                                           (F)
                                      ──次号につづく──





──良い革製品を考える(8)──

 作り手が、最高品質の素材を目の前にして、何を作るかを決める時、素材が良ければ
良い程、デザインはシンプルになってしまうものだ。
例えば、シーアイランドのトリプルAランクの綿生地を見たデザイナーは、必然的に
最もオーソドックスなYシャツやブラウスを作ろうとする筈だ。
何故なら、画期的で独創的なデザインのものであれば、それ自体で高い評価は得られ
製品はレーヨンで作っても高く売れる事が充分予測できるからだ。
友人のデザイナーは、ツヤのある綿や麻や絹には染色すらしたくないと言う。
生地そのものが文字通り輝いてくれるから・・・だそうだ。

 しかし、世の中のあらゆる職人達にとって<シンプル>に作る事程、難しい事は無い。
ベーシックであればある程、ごまかしがきかない。  素人目にも技術の巧拙が容易に
見抜けてしまう。  フレンチのシェフは「コンソメ・スープ」が一番緊張すると
言うし、「もりそば」や「かけうどん」に至っては語る必要もないだろう。

 良い素材は少なく、良い職人の数は更に少ない。  その2つが結びついたものが
世の中で最も少なく、シンプルな良いものは探す事すら難しいと言う事になる。
自分の餅を自分でほめるの論法になるが、フリーハンドが昔からシンプルなBoston−
Bagや一枚革のトートBagを作りつづけている理由と自負がここにある。

 6月末から7月にかけてBBSで、フリーハンドのBagかどうかを街中で見分けられ
る・見分けられないの書き込みが続いていたが、その中で『見分けるコツは、シンプル
なデザインのもので重厚な感じのするもの』と書いてくれた方がいらしたが、視点を
<シンプル>にして下さって感謝している。
何処にでもありそうで探すと無いもの、それが<シンプルで良いもの>なのだ。

                                            (F)
                                      ──次号につづく─
目次 次へ



□■コラム「昨日のつづき」□■メンテナンス・シリーズ
welcomeaccessgallery
ボストンバッグ/リュックブリーフケーストートバッグハンドバッグショルダーバッグ/ポシェット
サードバッグ財布・小銭入れ各種カバー各種ケースetc.
ベルト
時計

HOME/shopping
FreeHand Co.,Ltd
copyright: (C) Free Hand. all rights reserved.