FREE HAND(フリーハンド)は、オイルレザーを中心とした本革のクラフトマンズショップです。バッグ(鞄)革小物レザーウェアなどをオリジナル製作(手作り)、販売しています。

                    
目次
Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2003年5月5日号  VOL.021


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 □□昨日のつづき□□

──時計を考える──

  良い時計が欲しいと思った時、(自分にとって)(良い時計)とは何か?を考える
人は少ないだろう。良い時計と言った瞬間に、ロレックスとかオメガとかをイメージ
してしまう人が多い筈だ。  しかし、それらは単に有名ブランドであって、それを
買おうとする心理は軽薄なジョシコーセーのそれと何ら変わりない。

 (自分にとって)の(良い時計)は、職種や服飾の個性や趣味道楽などによって分類
されるものであり、ブランドネームはそれが決まった後で出て来る筈である。
黒塗りベンツ・ダブルのスーツと、スポーツカー・ポロシャツチノパンが、ロレックス
オイスターを同じように同じ言葉で自慢しているって変だと思わないか?

 筆者は(良い時計)は、大きく3ッに分類できると考えている。
第一は正確さが必要な時計・・・・鉄道、航空、旅行などを業とする人や放送局勤務の
人などにとって、時計が正確である事は必需の要件であろう。
このタイプは、標準時電波捕捉自動修正機能付のものをお勧めする。
ムーヴはクオーツで充分である。 ブランドとしてはセイコーに良いものがある。

 第二は宝飾時計と呼ばれるもの・・・・これらの時計を必要とする職業の人や趣味の
人は、宣伝広告やタレントの動向に左右される事なく、ピアジェかA・ピゲ又はパティ
ックをお勧めする。時代を問わず世界の何処へ行っても評価が均等だからである。

 第三はクラフトマンズウォッチと言われるものでFreeHandではこれを扱っている。
このジャンルの世界は広くて奥深い。 中堅のメーカーから個人の時計職人の手づくり
に至るまで、それぞれが個々に己れを主張している。 その職人の想いが腕につけた
時の味わいに変わるのだ。  他人に見せつけるものではない。  あくまで自分で
満足感を楽しむものだ。  勿論クオーツではいけない。  手巻きか自動巻きだ。
ムーヴメントは何か?ベゼルは?ダイヤルは?剣は?と己れで楽しむのだ。

                                          (F)
                                      ─次号につづく─



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2003年5月15日号  VOL.022


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 □□昨日のつづき□□

──良い時計を考える(2)──

 前回号で、筆者が<ロレックスは良い時計と呼ばない>とした事について、何件かの
抗議?のmailを頂いた。  「ロレックス社はクラフトマンシップにのっとったポリ
シーと品質維持を図っており立派なクラフトマンズウオッチである」との要旨であった

 そもそもモノづくりをしている人間にとって、産み出す製品の品質の向上を目指す
のは当然の事である。  しかし企画段階に於て何れ程クラフトマンスピリッツを傾注
しようが、生産段階に於ての熟練した職人の技術と思想が加わっていないとしたら、
それは職人が作ったものと言えるのだろうか?

 トヨタの車も、東芝の冷蔵庫も、リーガルの靴も、クラフトマンシップに基づいて
作り出されているし、それらの商品の宣伝コピーにもそう書いてある。
しかし、何処にクラフトマンズカーとかクラフトマンズシューズと呼ぶ人が居るだろう
か?  決して差別語として言うのでは無いが、それらは「職人」が作ったものでなく
「工員」が作ったものだ。

 もう、お分かりの事と思うが、このシリーズで連綿と訴えている良い品質(いいモノ)
とは、大量生産を前提としている良い<商品>では無く、広告宣伝する事自体が不可能
な少量生産の<モノ>の事である。  読者諸氏にも、ショッピングモールやネット通
販にひんぱんに登場する「職人メーカー」について再考して欲しい。
                                           (F)
                                      ──次号につづく──



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2003年5月25日号  VOL.023


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 □□昨日のつづき□□

──良い革製品を考える(1)──

 今号より<革>の見分け方について述べてみよう。
ブランド信奉派とアウトレット大好き派は、良いモノを見分けようとする意識は無い
だろうから読む必要は無い。  何故なら前者は流行しているかどうか・ホンモノかどう
かが興味の全てだろうし、後者は如何に安く買ったかが満足感の主体であろうから。

 <革製品>を買う時に、かなり多くの人達は心の中で(革製品は一生モノだから)と
考えて結構高額な出費をしているのだろう。  しかし、そう考えて買ったモノの大半
は数年経つと、金具が壊れたり縫い糸がほつれたり、中には変形してしまったり染色が
剥げ落ちたりして、現実的には使い続けられないものが多い筈だ。

 <革>への知識が無く、高額なプライスに惑わされて失敗した経験を繰り返さない
ために、又、高価な買い物をする時のチェックすべきポイントを、テーマ別にして
(良い原皮)(良い鞣し)(良い染色仕上)(良い縫製加工)(良いケアシステム)
等に分類して語ってみようと思う。

 読み終わる頃には、「うんちく」など面倒な事柄や専門用語などは知らなくとも、
良い革製品を選ぶコツを掴んでいる筈だ。
                                           (F)
                                     ──次号につづく──



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2003年6月5日号  VOL.024


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 □□昨日のつづき□□

──良い革製品を考える(2)──

 【良い原皮】とはひとことで言えば、健康な動物の健康な皮フ繊維の事である。
私達人間も動物の一員だから、乳幼児から成人する迄の間に強い皮フを作り上げると
すれば健康であり続ける必要がある。  幼童の頃から元気に走り、木に登り、泳ぎ、
遊び回って肘や膝を赤チンだらけにして子供時代を過ごした方が、塾や習い事に明け暮れ
スポーツに縁のないまま成人した人間より健康な肉体を有しているのは当然だ。

 <革>は<皮>から作られるものだから、丈夫な強い皮を得るためには広い草原に
放牧されて自由に動まわった牛や豚が最善だ。  しかし、ここに問題がある。
牛や豚の飼育は肉や乳を得るためであり、脂質を多く含んだ高級肉を作るためには
運動を控えさせて高カロリーな餌を与え続ける必要がある。 更に経済効率を考えれば
ストレスを食欲に向けさせるブロイラー方式が最も良いと言う事になる。

  狭い牧場で化学肥料と抗生物質を与えられ、バイオテクで細胞分裂を活性化された
動物達は、短期間で肥り肉は柔かくなるが皮フの繊維密度は粗く弱く、ベルトを作れば
延び易く、鞄や靴を作れば変形し易い。  細胞壁も粗いのでオイルを含ませても抱え
込む事が出来ずに洩れてしまう。

──傷の多い革は良い革である──と言ったら余りにも簡単すぎる結論なので、では、
粗悪な皮は何のように処理しているかを語る事で革の見分け方を探って行こう。 

                                            (F)
                                      ──次号につづく──



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2003年6月15日号  VOL.025


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 □□昨日のつづき□□

──良い革製品を考える(3)──

 前号で述べたように皮は肉を取った後の副次生産物なので、皮の段階では生産地、
飼育方法などによって優劣をつける事は基本的には無い。

 皮は脱毛・脱脂・洗浄などの工程を経て、タンニンか硫酸クロムで鞣され(vol17参照)
その後叩いたり揉んだり延ばしたりされて革に生れ変わる。  しかし工業製品と違い
一頭ずつが全て個性的であるのは当然であり、皮フ病に侵されていたり、老化して皺の
多いもの、傷痕・虫さされ痕・焼印痕のあるもの、また肌目はきれいに見えるが
皮フ繊維としては強靭さを失っているもの・・・・・・と様々だ。

(傷の多い皮は良い革) は正しい論理ではあるが、ほとんどのユーザーが傷やシワの
無いものを好むと言う事もあって、問題点のある革に対して原皮生産メーカーや染色
メーカーは種々の<化粧>を施して行く。

 型押し───革に爬虫類模様や麦茎模様、幾何学模様などを型押しする。
 プリント──革にチェックやストライプ・地図模様などを印刷する。
 エナメル──革に樹脂エナメルを厚く吹きつけて肌目を見えなくする。
 起 毛───革を毛羽立たせたり擦ったりして起毛させる。
いづれも原状をを隠す処理であり無地(スムース)で売れる良い革に施す事はあり得ない

 100頭分の牛皮があった時、健康で肌目も美しいものは1割にも満たない。
その1割の中で、ラッカー等を使ってツヤ出しせずにすむナチュラルな革は更に少ない。

──光沢の無い自然な無地革は良い革である。──

                                            (F)
                                      ──次号につづく──
目次 次へ




□■コラム「昨日のつづき」□■メンテナンス・シリーズ
welcomeaccessgallery
ボストンバッグ/リュックブリーフケーストートバッグハンドバッグショルダーバッグ/ポシェット
サードバッグ財布・小銭入れ各種カバー各種ケースetc.
ベルト
時計

HOME/shopping
FreeHand Co.,Ltd
copyright: (C) Free Hand. all rights reserved.