FREE HAND(フリーハンド)は、オイルレザーを中心とした本革のクラフトマンズショップです。バッグ(鞄)革小物レザーウェアなどをオリジナル製作(手作り)、販売しています。

                    
目次
 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2003年3月15日号  VOL.016

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──日本文化を輸出する──

 十年・二十年程前、日本は輸出する製品の高品質・廉価をもって米欧を席捲し、
「日本の経済的侵略」と各国は論評した。  日本人は「エコノミック・アニマル」
と呼ばれ、「Japan as No1」など日本関連の書籍がベストセラーになっていた。

 当時、外国人と接する機会の多かった筆者は、上記書籍の「is」では無く「as」で
ある意味を考えていた。  たどりついた答は、外国人から見た日本人が個人を会社の
中に埋没させて、ただひたすら利益のみを追求する集団行動型の人間であって、楽器を
操る事も詩を吟ずる事もない非文化的人種に思えているとの事だった。

 仕事一辺倒で趣味も無く、休日には家でゴロゴロするしかない生活スタイルは不況に
喘ぐ現在も全く変わっていない。  外国人の休日が友人達とのホームコンサートであり
本格的なスポーツへの参加だったりを見ると、その環境が本当に羨ましい。

 外国人と話していると、それぞれ自国の<文化>について熱心に、そして楽しそうに
誇らしげに語り始める。 翻って日本人を考えると、彼等の国に負けない程の歴史と
世界に誇れるべきものは充分持っているのだが、悲しいかな自分の国の<文化>を
語れる程の知識を殆んどの日本人自体が有していない。

 茶道・華道から能・狂言・歌舞伎、歌道・俳句、大衆芸能の落語・浪曲・講談、
あるいは外国人の興味を示すサムライ・武士道や柔道・相撲、和服様式や陶器・漆器に
至るまで、何時間でも何日間でも語るべき「日本」はある筈なのに語る知識が無い。
外国人から歌舞伎の様式美を説明された時・・・・は、何のような顔をしようか。

 ──我々が「ビートルズ」のCDを何れ程買おうが、「スターウオーズ」を何回見よう
が、高額な受信料を払って「M・ジョーダン」に夢中になろうが、その流出する外貨が
何れ程であっても、我々は英国や米国に経済的侵略を受けているとは思わない。
同じように、日本の文化を津波のように輸出して稼ぎまくっても、世界中から称賛される
事はあっても非難を受ける事は無い。摩擦を生ずる事も無い。

 前号で触れたように、生産立国であるべき日本の、生産担当者である職人は
この日本文化を背景にした物づくりをこそ目指すべきであって、外国の模倣を器用に
こなす事が正しいのでは無い。
このような模倣傾向は、革の業界で靴づくりに多く見られる。 技術を習得した職人が
英国調トラッドに如何に近づけるかに腐心し競い合っているが、それでは将来は無い。
又、そのようなメンズ・トラッドのチェーン店に心酔している成人男性を良く見かけるが、
情けないとしか言いようが無い。 あえて成人と書いたのは、自分で判断出来ない中高生
ぐらいの時なら、例の<ウンチク・能書き>を聞いておくのも良い経験かなと思う程度の事。

                                            (F)
                                        ──次号に続く──



Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2003年3月25日号  VOL.017

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──サントリーレッドの呪い──

 1977年、フリーハンドは直営のアトリエを開設した。
何とか思っていたようなオイルレザーの国産化に成功した事もあったが、その事よりも
この革で製品を作ってくれる職人がいなかったからだ。
2月15日号で触れたように、かって旧日本軍の革装を扱っていた職人は殆んどが
高齢で引退していたし、後継ぎ達はこの革に触れた事すら無かった。

 我々のオイルレザーに対する思いを語り、世界に誇れる日本の手工業技術を背景に
海外進出の夢を語ると、協力を申し出る職人達もいる事はいた。
しかしオイルを含む革の扱い辛さと、何よりもゴム糊もボンドも使えない事に彼等は
一度でネをあげ、手磨き仕上げの効率の悪さに呆れて、最初の一回の注文に懲りて、
二度と仕事を引き受けて貰えなかった。

──革はあるが作るすべが無い。そんな状況打開の為の会議は夜半から明け方まで
延々と続いた。堂々巡りの打ちのめされたような会議だった。<サントリーレッド>の
空きボトルは既に2本横になり、3本目も残り少なだった。その場に居た三人の中の
一人が「俺たちが作るしかないよ」と上手く回らぬ舌で語り出した。

 若いと言う事は怖しい事だ。今こうして書いていて、しみじみと実感する。
使命感というか、悲愴感というか、何とも言えぬヒロイズムに三人とも酔い知れていた。
勿論、酔わせていたのは<サントリーレッド>のアルコールであったのだが、会議は
急に踊り出し、弾み出し過ぎて宇宙まで飛び出した。

 雑巾一つさえ縫った事の無い三人が、何時からミシンを動かせるようになったのか
文系ガチガチの三人が、何時から造形や製図をするようになったのか。今、振り返ると
不思議でならない。 酔っぱらった挙句、何を語らい何を目指そうとしたのかは次号!
ウーン、惜しい「切れ場」だ。
                                         (F)
                                    ──以下次号──



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2003年4月5日号  VOL.018


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──サントリーレッドの呪い(2)──

 ウィスキーのアルコールで脳の奥底まで麻痺した三人の話題の中心は、素人が
Bagを作るための技術の習得を何うするのかの問題では無かった。
工房の運営でも店舗の経営でも無かった。  Bagや靴など作ろうと決意さえすれば
作れると思っていたし──事実、我々が最初に行った事はエルメスのBagを撮影しな
がら少しずつ解体し、写真を逆に並べて解いた手順と逆に手縫いで組み上げたのだ。
又、良い革を丁寧に作れば売れない筈がないと思っていた。(実はこれが一番大変で
困難な事だった)

 我々の最大の関心事は、何故この国のアパレル関連のほとんどが<品質>を維持
できずに駄メーカーに成り下がるのか?であった。
洋服でも鞄でも靴でも、良質の製品を産み出した姿勢を評価されて社会にそのブランド
名が浸透し始めると、足並みを揃えたように品質を劣化させてしまう。
売り上げを増やすために、生産の方法を変化させてしまうからだ。

 品質を落さずに量産を図る方法は無いのだろうか?  塩ビやナイロンと異なり
一匹一頭づつ個性の違う<革>は、工場生産的工法で良いものは生まれない。
職人が手づくりする所にしか<良質>の維持は有り得ない。 しかし職人が一人前になるには
5年や10年でも足りないのだから、尚更、品質と量産の接点は無い。

 三人の酔った頭が結論を導き出した。
まず最初の十年間技術を習得する。次の十年「弟子職人」を育てる。すると二十年後に
生産量は倍になる。その次の十年「孫職人」を育てる。即ち三十年後には4倍になる。
五十年後には20倍を越す事だろう。
我等日本人の器用な指と繊細な感性で創り出した<品質>で世界に勝負だ!!

 この時、アルコールの作用は五十年後に自分達が「老いる」事を忘れさせていた。
我々は、これを<サントリーレッドの呪い>と呼んでいる。
                                            (F)
                                       ──次号につづく──



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2003年4月15日号  VOL.019


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──サントリーレッドの呪い(3)──

 「世界中で1番良いBAGを作っているのはTokyoのFreeHandだ。」と評価されるよう
我々のアトリエスタッフは頑張っている。
いつの日かパリやミラノの人々が飛行機代と長い時間をかけてTokyo・Harajukuに
買い物に来る日を夢としている。

 【サントリーレッドの呪い】のかかったあの日から約20年が経った。
世界で1番良い・・・・・と言っても、FreeHandは宝飾系Bagを作るつもりは無い。
クロコダイルやオーストリッチ等の稀少動物を売り物にする気も無い。
昔ながらの自然な製法の牛革や豚革で「生活道具としての鞄」を、出来る限り壊れない
よう丈夫に作っているつもりだ。

 情熱を持った若いクラフトマン志望の社員も増えて、あの日計算した生産量も充分に
確保した。  しかし、あの時考えの及ばなかった大きな問題点は、ユーザー側にこそ
存在した。  何度も書いてきた様に、革の良し悪し・品質の優劣を見分けるべき
ユーザーに革に対する知識が欠落していた。  この国では売れる売れないを決定づ
ける最も大きな要因は、広告宣伝の量でしか無かった。

 最初に開いた六本木のお店は芸能人の溜まり場となり、売れる店ではあったが
目標としていた店とは違った。  雑誌や新聞・TVの取材を受けると、その様な客が
増え、作ったものを大切にして下さるような「お客様」は稀少であった。
原宿の中心地で20年近く開いていた店も、周囲の環境が渋谷と変わらない様態と
なった為、現在の駅から離れた処に移転した。 (以前の原宿はオシャレだったのに)

 今FreeHandは原点に戻って、自分達の作っているものを自信を持って説明し、
その真意を充分に理解して下さる「お客様」を数十年満足させようとあらためて決意
している。  ホームページで自分の使っているBagなどの画像を送って下さる
<ヘビーユーザー>の方々を裏切らないホンモノのクラフトマンショップを目指して。

                                             (F)
                                       ──次号につづく── 
目次 次へ



□■コラム「昨日のつづき」□■メンテナンス・シリーズ
welcomeaccessgallery
ボストンバッグ/リュックブリーフケーストートバッグハンドバッグショルダーバッグ/ポシェット
サードバッグ財布・小銭入れ各種カバー各種ケースetc.
ベルト
時計

HOME/shopping
FreeHand Co.,Ltd
copyright: (C) Free Hand. all rights reserved.