FREE HAND(フリーハンド)は、オイルレザーを中心とした本革のクラフトマンズショップです。バッグ(鞄)革小物レザーウェアなどをオリジナル製作(手作り)、販売しています。

                    
目次
 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2003年1月25日号  VOL.011

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます──

 さて、今年2003年4月は「鉄腕アトム」の誕生する時である。
科学技術省(と言ったと思う)の長官、天馬博士が死んだ我が子に似せて作りあげた
ヒューマノイドに「アトム」と名付けたのだ。 しかし、愛情を注いでも少しも成長
しない事に腹を立て、ロボットサーカスに売り飛ばしてしまう。それを救い出した
御茶ノ水博士と共に世界の平和のために戦うのだ。

 子供の頃、夢中で見ていたTVアニメの中にはワクワクするような未来があった。
<21世紀>になにかしら人類の輝かしい未来をイメージしていたような気がする。
子供にとって当時のキューバ危機も現在のテポドンも興味の外なのは同じなのだろうが
何とはなしに考えている半世紀先の未来を、今の子供はどう想像しているのだろうか?

 もうずっと昔に子供でなくなった筆者は、2050年や2100年のイメージなどワクワク
するどころか、地球の暗いイメージばかり浮かんでしまい考えることすら恐ろしい。
せめて10年先位で、地域の世界でなく日本の事をと思ってみるが、こちらも寂しい
限りだ。  元日の新聞で若手政治家達の抱負が載っていたが、民主党の枝野幸夫氏の
いわく「現政権を壊した後、それに代わる価値観が思い浮かべられない。代わるものが
見つからないから倒閣に向かってまとまり切れない」と語っていた。
筆者の若いころ流行していた「アメリカンドリーム」「ジャパンドリーム」は、既に
死語になってしまったのか?   野党第一党の政策通に<夢>が描けないのだから
それも無理ないことなのだろう。

 さて我らフリーハンドの社員は、全員がクラフトマンであるから、それぞれの革なり
布なり金属なりを手で触れながら、如何に造形し完成度を高め、<信頼>の前提となる
技術を習得し、世から忘れ去られようとしている<職人気質>を守っていこうと決意
している。   それが数十年後の輝かしい未来への道だと信じて。

                                              (F)
                                         ──次号につづく──



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2003年2月5日号  VOL.012

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──久しぶりに革の歴史──

 1945年、戦いに敗れた日本はアメリカを手本にして急速に復興する。
欧米型民主主義の下、米国式の合理的な考え方を取り入れ模倣し、経済的には奇跡的な
成功を果した。  しかし、同時に米国的「効率主義」「原価意識」は日本人としての
本質まで変化させたようだ。

「他人にウシロユビを指されぬ様」「己れに恥じる」と言った日本的な美意識は何時の
まにか失われ、経済的な成功のみを良しとする<拝金主義>が横行し、やがてバブルに
浮かれデフレスパイラルに落ち込んだ現在に迄つづいている。

 革職人の世界は更に惨憺たるものであった。 他業種の職人の生産するものと異なり
その産み出された靴なり鞄なりを正しく評価すべき消費者が、この国では皆無に近
かったのだ。  いつか述べたように鞄づくりと袋物づくりの違いも分らず、革と合皮
の区別もつけられない市場の中では、革職人は、ましてや腕の良い職人達は存在する
隙間さえ見つけられなかった。

 必然的に大手メーカーは「効率」と「原価」から考えても、簡便な硫酸クロームで鞣し
た安直な素材を、内職やパートなど低賃金で製作し、広告宣伝による需要の喚起にのみ
頼って拡大して来た。  戦後40年〜50年もの間この考え方で進み、高付加価値を
産み出せる職人達を育てて来なかったのだから、韓国や中国の製品に押されまくり
倒産して行くのは自業自得と言っても良い。

 21世紀の現在、ゴム糊を使わずに成型し、樹脂塗料など使わずに手磨きで仕上げら
れる腕を持った鞄職人と呼べる存在は、私達フリーハンドのスタッフを除けば、日本中
に50人は居ない筈だ。 同様に、成甲から縫製まで機会に頼らずに手で仕上げられる
靴職人も3ケタは居るか何うか?

 勿論、このような状況を引き起した責任の一端は消費者にもある。
国内の伝統工芸技術が次々と失われて行くのを見ても分る通り、営利主義の雑誌情報を
盲目的に信じ込み、自分で考えようともせず、作られた流行の上で踊るしかなかった
一般大衆と言う存在だ。

 怒り狂った処で、次号は針と糸さえ持った事の無い脱サラ組の私達が、何故アトリエ
を開き職人を目指したのか、1970年後半頃を語って見よう。
                                             (F)
                                        ──以下 次号──



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2003年2月15日号  VOL.013

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──オイルレザーを復元する──

 1974年、欧州雑貨輸入卸商社として創業した我々は、ルイヴィトンやグッチ等の
並行輸入で利益と実績を上げながら内心は釈然としない思いを抱いていた。
生活道具として堅牢に作られた鞄が数世代に渡って使われ続けている事実と、
そのアンティークに色変わりしツヤ光りした革の美しさをヨーロッパで見てきた我等が
塩化ビニール製や布製のBAGを有難がって買い漁る軽薄な女達との間に立って
儲けるだけの為に大好きなヨーロッパと、それよりも愛して止まない日本との間に
誤解と偏見を助長しているのだとの思いが払拭出来なかったからだ。
    ──ヨーロッパのオイルレザーと、その革文化を日本に紹介したい──
そんな思いはいつでも持っていた。 しかし、オイルレザーのBagを輸入し百貨店に
置いてもらったが全く売れない。 ブランド名が知られていないからだった。
オイルを含んだ革だからこそ、ゴム糊もボンドも使えず、必然ハンドメイドによる
少量生産を強いられ、その寡産ゆえに高額になり、寡産ゆえに流通に乗れず、
広告宣伝とは無縁のブランドだった。

 国産化出来ないだろうか?  そんな考えが浮かんだ。
JETRO(日本貿易振興会)へ行き、皮革工業会や鞄工業会のリストをもらい
一軒一軒尋ねていった。  愕然とした。  前号までの記述の様に旧日本軍用の
革を作っていた職人達は、敗戦から三十数年、既に60代〜70代で現場からは
引退し、後継であるべき現役の職人達はオイルレザーの名さえ知らなかった。
 原皮問屋をまわると、何処にでもオイルレザーと称するものは存在した。
しかし内実は、ヌメ革に加脂したものは良い方で、染色等の際に樹脂やラッカーや
溶剤を塗布して、しっとりさせてみたりベトベトさせてみたり、更にはクロームと
タンニンのコンビオイルと言うものや、ロウ質を溶かしいれたもの等、
例外なくマガイモノであった。

 革は無い、職人はいない・・・・・・・国産化は諦めるしかないか、との思いが
よぎった頃、自分達と同世代の若いレザークラフト工芸家と、研究熱心な
鞣槽技術者と出会ったのだ。
我々は古い文献を探し回り、戦前の茶利ダイコ(注;革用の太鼓状の鞣し道具)の
復元から始めた。  スチームの扱い方に苦労し、圧力の加減に苦心し、加える
オイルの混合比に頭を悩ませた。
  ─失敗の連続だった。 <今、中島みゆきの歌が頭の中で聞こえている>

 染色も今でこそ、数枚(2〜3頭分)で回せるミニダイコがあるが、当時のタイコは
一回の生産単位が30枚(15頭分)であった。 即ち、期待していたような革が
染め上がらなくても、それが30枚もある。  価格にすると100万円近くになる。
棄てるわけにはいかない。  巾3センチのベルトで裁断すると1200本取れて
しまう。2,5センチのベルトなら1500本だ。  売りに行くしかない。
ひたすら営業した。そしてそんな革が毎月作り出された。ひたすら営業した。
──当時ご協力いただいたジーンズShopやメンズShopなど全国の小売店の
皆様、この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

 約3年かかってようやく思っているような革が出来上がった。
                                            (F)
                                        ──以下次号──



Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2003年2月25日号  VOL.014

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ──踊らされる人達──

 新潟・魚沼産コシヒカリ使用とラベルに大書した日本酒を見つけた。
この酒の製造メーカーは、大多数の消費者は<無知で馬鹿>と思っているのだろう。
当コラムの読者なら、広告コピーが何なのか、もう気づいている筈だ。

「コシヒカリ」は飯米であって酒米では無い。
ジャポニカ種短粒米は日本人が好む"ご飯"に向いているのであって、カレーやピラフ
には粘り気の少ない長粒種が美味である事は常識だ。

 同じ事で、魚沼産コシヒカリ使用の酒や煎餅が決して他より優れた味にならない事は
製造者自身が一番知っている事であろう。
それならば何故、商品やパンフレットにこのようなコピーを着けるのだろう?
 勿論、売れるからである。
してみると矢張り、大多数の消費者は<・・・・>なのだろう。

 私の知っている秋田の蔵元では、飯米としては人気が無く、必然的に買い叩れる
安価な飯米を使って、酒造好適米ヤマダニシキに負けない味を出そうと、日夜研究して
いる杜氏がいる。 純米吟醸など絶品と言える処まで来ていると思う。
しかし、上記とは逆で「飯米」である事が半可通に嫌われて売れないのだそうだ。

 酒で思い出したが、東京農大・醸造工学室で人工的に作り出した合成香料があるそ
うだ。 この「吟醸香」を添加して、4合ビンの大吟醸を\5,000〜\7,000で売り、
大儲けしている所がある。何と言う銘柄かは書かないが、私の周りのニーチャンや
ネーチャンが有難がって飲んでいる。

 そう言えば、夏には枯渇する貴重な湧水を売り物にして、値段だけは高いが何故か
コンビニでも売り出した銘柄や、意識的に問屋を通さず高値維持をしている戦略的高級
銘柄なんてのも有ったよね。

もう良いかげん、ブランドの盲目的信奉は止めようよ。
ブランドとは、それが信頼を得るまでの過程で本質的な裏付けが有ったのだろうから、
マスコミの大量露出によって作り出されたキャラクターブランドとは一線を画すべき
だとは思う。  しかし繰り返すがブランドの本質以外の物まで信ずることは無い。
ヴィトンは塩化ビニール製のバッグが本質では無いし、エルメスやシャネルはスカーフ
や香水で信頼を勝ち取ったのでは無い。

 人気番付や行列の出来る店なんて情報は放っておいて、自分の五感を信じようよ。
見て、嗅いで、触って、味わって、自分が納得すれば良いじゃない。

 勿論【FH】の鞄も靴も洋服も、良いものは見れば理解ってしまう筈です。
だって【FH】は信頼を得るまでの過程にあるのですから。
                                          (F)
                                     ──以下次号──



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2003年3月5日号  VOL.015

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ──職人体験実習──

 3年程前より「1日職人体験」を行っている。
もともとは、雑誌「ガテン」より依頼されて始まった企画なのだが、文字通り革職人を
志望する若い人達に1日アトリエの作業を実習させて<職人とは何か>を実感して
もらおうとするものだ。

 年間2〜3回不定期に実施しているが、毎回体験希望者の応募が40人から
多い時は100人を越える。  雑誌掲載時は取材の関係もあって1回に2人ずつ
しか行えないので、熱心な志望者には当社独自で4〜5人ずつ体験入門させている。

 不況の所為で<手に職をつけたい>のであろうか、皆一様に熱心である。
しかし、彼等の話を聞いてみると「職人」に対するイメージがどうも一律一様なので
ある。  TVで映し出される工芸家達の、凛とした空気の中で黙々と求道者の様に
手を動かし続ける姿を思い描いているのであろうが、職人を美化して考えてないか。

 反面、年収や休日など労働条件はやはり気になる様で、「修行」と「就職」は別の
ものだと説明しても釈然としない顔をする。  職人志望の動機を聞いてみると
本音のところは「人と話すのが苦手」「競い合うのが嫌い」など逃避型か、
「世界にデビューするデザイナー」を夢見るスーパースター思考型が多いようだ。

 ──産業の空洞化が言われてから随分と時は流れた。  生産手段の多くは
中国など海外に流出した。  革業界だけでなく、多種多様の町工場が廃業に
追い込まれた。  これからもこの流れは続いていくだろう。
しかし、元気な職人さん達も大勢いる。  何が違うのか?

 日本という国の将来と、日本人の持つ民族的な資質を考えた時、この国は
「金融」や「外交」やましてや「軍事」などで国を成り立たせるべきでは無いと思う。
日本は<生産すること>を捨てては成り立たない。
今こそ、職人が為さねばならぬ事がある。

 日々の研鑽に裏打ちされた絶対的な技術が前提となるのは当然のことだが、
産み出される製品に、如何に<付加価値>を与えるかに尽きる。
<付加価値>とは何か?  一方では、発想力と工夫で他国の模倣を許さぬ
高みに立つことであり、また一方では磨きぬいた感性で造形や色彩に独自の
個性を持つことである。

 たくさんの本を読むこと。音楽を聴くこと。友と語り合うこと。美味しい食事をする
こと。お洒落をすること。  毎日毎日の積み重ねが発想する力をつけ、感性を
鋭くすることにつながる。  つまらないメールのやりとりなどしている暇など無い。

 与えられた仕事を、売り渡した時間の中で、黙々と作業しているのは<職人>
とは呼ばない。  そして彼等に明日は無い。

──3〜4月に「職人体験」行います。  希望者はメールどうぞ。──

                                       (F)
                                  ──以下次号──

目次 次へ



□■コラム「昨日のつづき」□■メンテナンス・シリーズ
welcomeaccessgallery
ボストンバッグ/リュックブリーフケーストートバッグハンドバッグショルダーバッグ/ポシェット
サードバッグ財布・小銭入れ各種カバー各種ケースetc.
ベルト
時計

HOME/shopping
FreeHand Co.,Ltd
copyright: (C) Free Hand. all rights reserved.