FREE HAND(フリーハンド)は、オイルレザーを中心とした本革のクラフトマンズショップです。バッグ(鞄)革小物レザーウェアなどをオリジナル製作(手作り)、販売しています。

                    
目次

 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2002年11月 15日号  VOL.006

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


(3)無知は 恥

 太古黎明の頃、私達人類の祖先達は狩猟生活の中に居た。
自らの命をつなぐため、他の動物達と生存をかけて命を奪い合っていた筈だ。
その闘いの中で人間は、己の身体の脆弱さを何れ程呪った事だろう。
運動能力に劣る人間は、確かに狩られる側の種として存在していたのだ。

 やがて火を扱い、武器を持つ事を覚え、集団で狩猟をするようになっても、肉体の
脆さは同じ儘であった。  その脆さの中でも、ネズミやウサギなど小動物の牙や爪の
攻撃にさえ甚大な被害を受けてしまう皮フの弱さは、闘いの中で致命的な欠点と言えた。

 人類は、猪や熊の剛毛に守られた皮フ組成を何れ程羨んだ事だろう。
たまたま、彼等との闘いに勝利した後、生きるためにその肉を食らい、皮は当然剥ぎ取り
身にまとい、小動物のそれは種々の道具として再利用する工夫を考えたに違いない。

 だが、皮はいづれ腐ってしまう。

命を守る防具としての獣の皮を、便利な道具としての皮を、何うすれば腐敗から守れるか
人類にとって絶対必需品である皮の研究は、この原初の時代から初まったのである。

 動物達の<皮=Skin>──→腐らないよう加工する<鞣す>──→<革=Leather>

このようなに民族を問わず、数千〜数万年もの間、必需品であった革に対しては人間として
知識があって当然の事であろう。 繰り返すが世界中の何の民族もである。
ところが、前出のように<日本人>だけが革への理解が無い。

 異なった人種・民族が互いを理解し合おうとする時、共通認識を持つ事から始めなければ
ならない。  公式の異なる数学など成り立たない。
私達日本人が正しく理解されるためには、私達が間違えている所があれば、正さなければ
ならない。  革に対する無知もその一つである。

 ヨーロッパ迄行き、塩化ビニール製やナイロン製のBagを買い漁るような異常さに、
一刻も早く気づいて欲しい。  西欧人たちに"黄色い猿は不思議だ"と思われ、
そして思われている内は、本当の理解は得られない。
                                (F)
            ──革なめしの歴史と、前号<驚愕の事実>はつづく──



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2002年11月 25日号  VOL.007

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(4)タンニン鞣しの発見

 ゲームソフト<ドラゴンクエスト>を経験した人はピンと来るだろう。
主人公が闘いに赴く時、最初に手に入れるべきアイテムは「皮のよろい」と「皮のたて」
である。  ギリシャ・ローマ時代の軍装を想い浮べても人間の身体を護るための道具と
して皮製品はふんだんに使われていた。

 前号で書いたように、<皮>を腐敗させないように鞣し<革>に加工する訳だが、
言葉を換えれば、鞣すとは腐敗菌が入らぬようにする事だから、菌の侵蝕する皮の蛋白質
部分を除去してしまうか、蛋白細胞を菌の侵入しない異物資で満たしてしまえば良い、と
言う事になる。

 先人達は、様々な工夫をした事だろう。水で揉み・洗い・晒したり、乾燥した風の中に
吊し続けたりして、へちま状のものも作ったようだ。
いつの頃からか、植物の渋(柿シブや茶シブなど)に漬け込み、乾燥させる方法を
会得する。 この方法がシブ鞣し=タンニン鞣しである。

 原始人の時代から憧れつづけた腐らなくて加工に適した<革>の完成である。
しかし、それでも革には三つの欠点がある。 @タンニンが水溶性の為、水を含み易い事
A温度変化に弱く変質し易い事。 Bカビ菌糸に侵され易い事。である。

 生命のある私達の皮フでさえ、プールや風呂に長く入っていると指先などが、ふやけて
くるし、夏の紫外線は皮フ組織を壊すし、逆に冬の寒さには皮フが収縮に堪えられずに
アカギレのように割れてしまう。 又、水虫、タムシ等で苦しんでいる人も身近に多い。

 繰り返し書いてきたように、<革>は元来、男性が闘いの中で防具として必要とされた
ものである。闘いはアウトドアで行うに決っている。 雨の日に使いづらいBagや、
履くことをためらう靴などは道具として半端モノと言える。まして戦場では過酷な気象条
件に堪える事が求められる。

 何うすれば上記の3つの欠点を補う革が作れるのか? 長い研究と工夫の日々が続いた

17世紀に入って、<油で鞣す>工夫が開発された。           (F)

                                     ──以下次号につづく──




 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2002年12月5日号  VOL.008

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(5)オイルドレザーの発明

 人類が手に入れた最も身近で最も偉大な発明は、植物の繊維から布や紙を作り上げた事
と、動物の皮を腐敗せぬように処理し、さまざまに加工することの出来る<タンニン革>を
生み出したことではないだろうか?

 布と紙は別に譲るとして、革は衣類として、靴や鞄・鞍・鞭・鞘などの道具として生活
の中に利用されている。そしてそれらは圧倒的に屋外で使用する道具に集中している。
即ち、あらゆる気象条件に対応出来なければ本当の意味で良い革素材とは言い切れない。
靴や鞄が水を含んで変形したり寒気でヒビ割れたりすれば軍装でなくとも役に立たない。

 現代の量産靴や量産鞄は成型プラスティック等を中に入れて変形を防いだりしているが
(勿論、FreeHand製品はそんな作り方はしていない)、石油製品の無かった昔の人々は
タンニン鞣しの革に油を含ませたり、ロウ質やウルシ成分を塗ったりしたことだろう。
しかし、油分は程なく蒸発してしまうし、ロウ分は硬化して割れやすくなる。

 革が油分を含んだまま抱え込んでいられる工法は無いだろうか?
この考え方から生み出されたものが、油を含んで鞣された革=<オイルドレザー>である
<オイルドレザー>の工法発見は、前号で書いた革の3大欠点を一度に補うものであった
即ち、油は水を撥き・油圧は革の収縮を防ぎ・油にカビ菌は侵蝕しない、である。

 人類はこの時、理想的な素材を手に入れたのだ。
靴下が濡れないで済む靴を履いた人々は、凍傷の怖れなく高度数千メートルの高山に向かい
南北の極地をも目指した。 同時に厳冬期の戦争も可能となってしまったが・・・・。
"コロンブスの新大陸発見はオイルレザー発明の成果"と言う人も居るぐらいなのだ。

──私達がヨーロッパを旅すると、何とも素敵に使い込まれたBagやアンティークな
革小物を持っている人々を数多く目にすることが出来る。聞いてみると「お祖母さんから
譲られた」とか「曽祖父の使っていた物」とか答えが返ってくる。 商店で売られて
無いだけに羨ましく思えるが、これらは全てと言えるほど<オイルレザー製品>である。

 元来、アウトドアで過酷な使用を目的として開発されたオイルレザー製品であるから
タウンユースなら100年やそこら使えて当たり前なのである。
そこには、使い込まれた本物の道具の存在感が<凛>として心に迫ってくる。

 さて、我が国日本には歴史の中でオイルドレザーは渡来しなかったのか?
実は既に明治時代、オイルレザーも、それを加工する日本人の職人たちも存在していた。

                                         (F)
                                     ──以下次号──



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2002年12月15日号  VOL.009

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(6)日本人とオイルドレザー

 「比較民族論」によると、遺伝子の分析や言語学その他様々な分野で日本民族の特殊性
が浮かび上がるのだそうな。 宗教観などは知人の外国人に理解できないとまで言われた。
大きな海流に挟まれた島国と言う歴史形成もあるのだろうね。(人間のガラパゴスか?)
特殊性の一つに、肉食する事をどこか忌み嫌い、獣の皮を身にまとうのをタブー視して
来た事も入るよね。だから印伝皮など一部を除いて革文化は存在していなかった。

──そんな国「日本」が明治維新後、急速に近代化しようとする。
例の「富国強兵」政策である。列強外国の脅威に対抗して軍備の増強を図っていく中で
兵の服装も変えねばならなかった。(戊申戦争や西南戦争を想い出して見ると良い。
銃や大砲は扱っていても和服を着ている。第一、足元はワラジである)

 何度も繰り返したが軍装とは革装であり、革は<オイルレザー>でなければならぬ。
当時の日本にはオイルレザーどころか総合的なタンニン鞣し工場すら無い。
従って、他の分野と同じ様に外国人技術者を連れて来て技術の習得をする必要がある。
文献によると英国人チャーリー某に指導を受けたとある。現在の革業界で<茶利鞣し>
<茶利革>と呼ぶ製法は、この名残りと思われる。(米国人ヘンリーとの説もある)

 オイルレザーの製法を習得した日本は、周知のように明治中期以降、大陸や南方へと
進出して行く。(侵略かどうかはここのテーマでは無い)  しかし<オイルレザー>は
軍用の生産物に限られていたし、工場も職人達も軍御用達の国策会社であった。
一般人は相変わらず和服主体であり、「草履」「下駄」「風呂敷」の文化であった。

 日本人が明らかに「洋服」に変わったのは第2次大戦後、1950年代からである。
前回に述べたような(祖母のハンドバッグ)も(曽祖父のボストンバッグ)も現代の
日本には存在しないのである。その後、敗戦の貧困から高度成長を経て国が豊かに変り
人々の目が<ヨーロッパ・ブランド>に憧れ向いたのは理解出来る。
しかし、その素材を見極めようとした時、アクリルとウール・レーヨンとシルク・ポリ
エステルと麻は区別出来ても、合皮と本革の区別が出来なかった。
革を使ってこなかった家庭に育った人々には、革の識別は無理な事だったのだ。

 さて、第2次大戦終了まで日本軍御用達の鞄や軍靴を作っていた職人達はその後、
どうなったか? 勿論、軍需産業は解体しているから、当然民間需要の鞄職人・靴職人
小物職人と分化していくのであるが、鞣しにも加工にも手間がかかり、結果高額となる
<オイルレザー>は、革の知識を持たない一般人には全く需要が無く、戦後数年を
経ずして市場から姿を消してしまった。
                                         (F)
                                    ──以下 次号──



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2002年12月25日号  VOL.010

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──閑話休題──

 今この時期、皮革部のアトリエはShopで受けたクリスマスプレゼント用のご注文品
の製作に追われてテンテコマイの状態。  Bagも財布も6穴のダイアリーも1つずつ
ネーム入れをして作っているので効率が上がらない。  しかし、何分"愛"のこもる
贈り物なので、作り手も"愛"を込めなければと頑張っている。

 ところで、新聞によると今年のクリスマスケーキの予約は、2〜3万円のものが多く
売れているようで、何日かに分けて食べられる工夫がしてあるのだそうだ。
不況のせいか、圧ッ倒ッ的に家庭でのクリスマスイヴなのだそうだ。

 筆者の子供時代、オヤジと言う存在は12月ともなれば連日の忘年会で、午前様は
当り前、一緒に夕食などした事はなく、キャバレーだかクラブだかの名刺がポケットに
必ず入っていて、母親のキゲンの悪いのがクリスマスの時季と言う印象だった。
しかし、子供にしてみれば寿司折だの菓子折だの手土産が楽しみで、ついつい0時過ぎ
まで起きていたのを覚えている。

 今思えば、多くの家庭がそんな風で、オヤジが酔っぱらった分だけ・手土産を毎日の
ように買っていた分だけ、世の中に"カネ"がまわり、それが結局は社会の活気に
つながっていたのだろう。  それにひきかえ今の時代は、世のオヤジ連中は自分の
自由になる小使いさえ持てず・・・・・・と書くと暗くなるからこの辺で止めて。

 さあ、ご注文分のBagを作ろうっと。
                                      (F)
                                 ──次号につづく── 

目次 次へ




□■コラム「昨日のつづき」□■メンテナンス・シリーズ
welcomeaccessgallery
ボストンバッグ/リュックブリーフケーストートバッグハンドバッグショルダーバッグ/ポシェット
サードバッグ財布・小銭入れ各種カバー各種ケースetc.
ベルト
時計

HOME/shopping
FreeHand Co.,Ltd
copyright: (C) Free Hand. all rights reserved.