FREE HAND(フリーハンド)は、オイルレザーを中心とした本革のクラフトマンズショップです。バッグ(鞄)革小物レザーウェアなどをオリジナル製作(手作り)、販売しています。

                    
目次
☆☆☆ フリーハンド ☆☆☆     2010.10.07

    ━━ 祝! ノーベル賞 ━━              コラム「昨日のつづき」 VOL.67

昨日から今日にかけて新聞もTVもノーベル化学賞を受賞した鈴木先生と根岸先生の話題一色となっている。
有機化合物の結合方法の発見に寄与した功績が認められたものであるらしい。
この研究成果は、私たちの身のまわりの様々な所で利用される応用化学技術の基礎となっているようだ。

不況真っただ中の今、暗いニュースの洪水に久しぶりの何とも心温まる話題だし、
経済力世界第2位の座から滑り落ちた事も、尖閣列島に於ける領有権問題で我らが選んだ為政者たちの狼狽ぶりを見るにつけ
感じていた日本人としてのやるせないような屈辱感にも似た”もやもや”も一瞬忘れさせてくれるものであった。

ただ新聞紙面を詳しく読んで見ると、このカップリングと呼ばれる有機物結合方法の発見は1970年代に山本明夫・溝呂木勉・玉尾皓平など
各氏をはじめとして、触媒を使ったクロスカップリングや反応は日本のお家芸も言える分野だったようだ。
今回の受賞対象となったパラジュームを使った鈴木章氏の研究発表も1979年の事だったようである。

私たち一般人が学術研究の成果に対するニュースに疎いのは当然であるかも知れないが、不安になるのはこの点で、
一体政府やマスコミはこれらの功績を正しく評価しているのだろうかと言う疑念である。
日頃使っている血圧降下剤や抗ガン剤、液晶テレビやソーラーパネルなど数多くのものが、このカップリング技術の応用だと言う事を
政府機関やマスコミが正当な称賛を与えてさえいれば、多少でも国民は知ることが出来たであろうと思えるのだ。
また、それらの上手な喧伝が子供たちに夢を与え自信を与え向上心を養う事にもつながるのではないだろうか。


日本人は何故か外国で賞讃されて初めて、同じ日本人に評価を与えているような気がする。
昔から欧米で評価されなければ国内では認められない風潮が有る。
音楽・絵画・映画は代表的なものだ。 
洋服のデザイナーはパリコレに参加しているかどうかが才能の判断基準のようだ。

蛇足かも知れないが、皮革の鞣し技術・染色など加工技術は日本が世界の先端を走っている。
以前にも書いたが欧州から日本に技術研修に訪れる事は当然のようになっている時代だ。
しかし、日本の革は不当に評価されているように思える。
相変わらず、イタリア製フランス製の革を有り難がって高額な対価を支払う人は多いようだ。
必然、日本のメーカーは技術ごと中国などに移転して低価格なものを作らざるを得ない。

国立大学を卒業して革の加工技術を研究する道を選び、長時間の重労働に耐えている皮革研究者たちに対して
陽が当たるような社会に日本と言う国はなるのだろうか?                                     ( F )


☆☆☆ フリーハンド ☆☆☆     2010.12.25

  
 ━━━ 「登山靴」について考える ━━━        コラム「昨日のつづき」  Vol.68


皮靴は雨の日に履けない!・・・ですか?

もったいないから・・・が理由の人はそれでいいです。
「皮」が雨に弱いから・・・と思っている人は大きな間違い!
きっと、雨の日に歩いて皮が水を吸って乾き上がった時に、変形していたり色褪めしていたり、の経験が有るのでしょう。
冬の氷雨の中を歩いて靴が濡れて、そのうち靴下に水が浸みて来て悲惨な思いをした方も多いのでしょう。

でも、考えて見て下さい。
冬山登山をする人が水が浸みて靴下まで濡れるような靴を履いていたら、どうなります? 夜は氷点下の気温ですよ。 
チョモランマじゃなくても遭難状態ですよね?
戦闘状態の中の兵隊の靴はどうですか? 冬場に戦争はしませんか? 冬のシベリアでは戦争はしないものなんですか?
旧日本軍も日露戦争や満州北部で戦争をしていたんですよね?

結論を書きます。 今の靴屋さんや百貨店で売っているクロームなめしの靴とは皮のなめし方が違うんですよ。

登山靴も軍用靴も当然ながら丈夫さが最も重要な急所です。
堅牢度の強いタンニンなめしの皮を太番手の丈夫な糸で縛りあげるように作られているんです。
オイルを含ませて磨き上げるように履いていたんです。 だって、靴の手入れを怠ると自分の命に直結してしまうんですから。

今は革製の登山靴なんて見なくなりましたね。
山ガールなんて流行っているようですけど、ナイロン系のカラフルな軽登山靴ばかりです。
登山専門店に行っても、クローム系の革にシリコンで撥水加工した「アンフィビオレザー」なんて登山靴ばかりですものね。
筆者も山歩き趣味が有るので「アンフィビオレザーの靴」を買った事はあります。 
軽くて履きやすいような工夫があって良いのですけど、本格的な山に挑戦する時「命」を預けようとはとても思えませんね。
何故なら、撥水加工はしばらくすると効果は抜けて無くなってしまいます。

オジさん世代のロマンかも知れませんが、山から下りて来た時・次に挑もうとする山に思いをはせながら、
苦楽を共にした靴を磨くって良いものですよ。                                           ( F )




☆☆☆ フリーハンド ☆☆☆     2011.03.25

  
 ━━━ 何かヘンです ━━━        コラム「昨日のつづき」  Vol.69


一昨日から春の高校野球・甲子園大会が始まりました。  NHKはいつものように全試合を中継しています。
何かヘンです。  ブラスバンドの応援もチアガールの姿もありません。  派手な応援を「自粛」するんだそうです。
選手も三振を取った時や本塁打を打った時の過度な喜びの表現は禁止なんだそうです。
高校生が一生懸命プレイしてガッツポーズする事は「華美」ですか?  校歌・応援歌を歌う事は「華美」ですか?

あの地震の翌日(3月12日)は九州新幹線の開業日にあたっていましたが、開業記念のイベントはすべて中止されたそうです。
翌日の事ですからイベントの中止は普通の感覚ですが、九州全域にわたって数ヵ月分の旅行がキャンセルされてしまったそうです。
キャンセルした方の大多数は関西圏からの予約分だといいます。 「神戸」を思い出されて旅行気分になれなかったのでしょうか?

パンダが3年ぶりにやってきた上野動物園も浦安のディズニーランドも閉園しています。
昭和天皇が崩御した時の自粛ムードを思い出します。
不思議に思うのは、卒業式まで取りやめてしまった学校が多い事です。  被災地区で卒業式が出来ないのは仕方ありませんが、
だからと言って、関西地区・四国地区・九州地区の学校が卒業式を自粛する必要があるでしょうか?

花見で乱痴気騒ぎをする事は当然「自粛」すべきでしょう。  でも、被災地区まわり以外での卒業式や入学式・入社式の「自粛」まではヘンです。
お身内に被災された方がいらしたようなケースがあったのなら、その方への心づかいは他にいくらでも有る筈です。

外食する事も映画に行く事も「自粛」しているんだと、インタビューで答えていた方をTVで見ました。
「自粛」した分の金額を寄付しているんだと答えて欲しかったです。

国中で理由も無い「自粛ムード」がただよっている事にこそ危険な匂いを感じてしまいます。
外食をして・おしゃれをして・観劇してコンサートに出かけて・旅行にも行って、思いっきり消費税を払って欲しいものです。
企業も広告の自粛なんてしていないで、たくさん儲けて法人税や事業税を払って欲しいです。

被災地への経済支援は莫大な金額と長い期間が必要となるでしょう。
被災地以外の地域が経済的に活発でなければ、助けたくても助けられない状況に陥ってしまいます。

寄付金は集まりだしているようですが、それが”ムード”で終わったら、遠くない期間に募金活動もしぼんでしまうでしょう。
国家的に不況が深刻になったら、復興支援どころでは無くなってしまいます。

支援の期間は5年10年と長い戦いになります。
たくさん楽しみましょう! たくさん買い物しましょう!
「自分に出来る範囲の支援」って、そういうことだと思います。        ( F )



☆☆☆ フリーハンド ☆☆☆     2011.04・08

  
 ━━━ さくらが咲いた ━━━        コラム「昨日のつづき」  Vol.70


今年もさくらの季節になった。
東京の桜は今週末から来週にかけて満開になるそうだ。
でも、今年は例年と違う感慨に浸ってしまうのは避けられない。 未曾有の大災害だったのだから。

何の本だったかは忘れてしまったが、桜は人の魂と怨念を根に抱いて咲くのだと書いて有った記憶がある。

平安時代の流浪の歌人・西行法師は武門の名門名家に生まれた地位を捨て、突然出家して東国への旅に出るのだが、
世に言う失恋による傷心の出家だとか、平清盛とのあつれきに破れてのものではなく、
朝廷の命による、平将門を始めとする怨霊の「魂鎮め(たましずめ)」が本来の目的だったと言うのだ。

戦場になった地や罪人として処刑した死体を埋葬した場所に、さくらを植樹し鎮魂を行ったと書いて有ったと思う。
関東・東北地方に点在する桜塚と西行の工程が一致するのだそうだ。 さくら塚とは文字通り人を埋葬した塚である。
当時のさくらは当然”山桜”だったろうが、西行は辞世の歌を始め”さくら”を詠んでいる歌が多いのも、その関連なのかも知れない。

4月末から5月にかけて被災地域にも、さくらが今年も咲くことだろう。
願わくば安らかな鎮魂と、命の助かった方達への明日への希望を与えるような美しさであって欲しい。

被災をまぬがれた私たちは、こころ静かに花見に出かけようと思う。
東北地方の酒を買い、松島産の牡蠣や石巻の笹蒲鉾は手に入らないだろうが、出来る限り被災地産のツマミを揃え、
可能な限り福島産・茨城産の野菜を使った料理を持って・・・・。
最初の乾杯は犠牲者の献杯に変え、カラオケの代りに「自分たちに何が出来るか」を話し合いながら酔いたいと思う。     ( F )

☆☆☆ フリーハンド ☆☆☆     2011.04.11

   ━━━ あの日から1ヶ月 ━━━       
 コラム「昨日のつづき」  Vol.71

3・11のあの日から1ヶ月が経った。
映像で見る限り、最初はぼう然として悲しみに暮れていた人々の中に、早くも復旧・復興に動き出している方の居る事を知って
畏敬の念を感じている。  東北人のいかに我慢強く忍耐強いことか。
そして、自然の中に身を置いてひたすら自然と共生しようとする強い意志を持っていることか。
西洋人の神に対峙する時のストイックさとは異なり、日本人が忘れかけていた自然と共に生きる人間としての尊厳を見せられているようだ。

それに対して、福島原発の関係者の対応の拙さは目に余るものがある。
被曝の恐怖と闘いながら現場で作業している方達はともかく、数十キロ離れたところにいて記者会見している経産官僚もナンタラ委員会の連中も、
東京に身を置いて、ひたすら「想定外」を繰り返し、責任が自分の及ぶ事の無いようにのみを腐心している=そうとしか見えない政治家連中も、である。

政治家の政治家たる最低限の資質は「想像力」だと思っている。  「信念」や「理想」の以前にである。
一つの事象から引き起こされるであろう未来の予測を次々と想像して、その予測のそれぞれに対応策をシュミレートする能力だ。
そして、言葉を紡ぎ出す能力だと思う。

「国民の民度に応じた政治家しか生み出せない」との言葉もあるが、
本当にあんな程度の政治家しか作り出せなかったのだろうか?  我ら日本国民は!       ( F )




☆☆☆ フリーハンド ☆☆☆     2012.03.19

  
 ━━━ 復興の妨げ ━━━        コラム「昨日のつづき」  Vol.72


新聞のアンケートで、国民の82%が復興は進んでいないと答えているそうです。
復興の遅れている原因は?の問いに対しては、瓦礫の処理が原発の問題に次いで多かったようです。
原発事故と事後処理は1朝1夕には済まない事は分かっていますが、瓦礫の問題は知恵の出しようは有ると思っています。

(被災地復興は日本人すべてが共有すべき問題だ)(手助けしたい・応援したい)、そんな気持ちは100%の国民が考えていると思います。
でも、瓦礫の処理を全国で分担して引き受けようと言う話になると、
(放射能は大丈夫かしら)(乳幼児への影響が心配)(子ども達の遊び場が汚染されるかも)のような不安が増して来て、
(出来れば、わが町だけは受け入れないで欲しい)と思ってしまいます。

なぜ女性言葉で書いたかと言うと、妊娠期・授乳期の子どもを持つお母さんたちの不安感が男の私でも痛いほど理解できるからです。
(かけがえのない子どもたちの未来と、ふるさとの美しい自然を放射能汚染から守りたい)のは誰だって願っていることなんです。

問題は、そんなお母さんたちに(安全だと発表する国の測定数値は信用できない)(市長は、瓦礫の処理を含めた復興予算を利権にしたいのだ)
(東京都が焼却を委託したのは東電の子会社なのだ)などと言って、不安感をあおるような、日本と言う国が嫌いで嫌いでしようがない人たちや、
次の選挙で当選することしか考えない議員とその取り巻きがいる事です。
彼らは自分では前面に立たず、ヒステリックになって泣き叫ぶお母さんたちを「反対する会」の代表にして署名活動を始めたりするのでしょう。

結局、国会は法案を作って全国の自治体に処理を分担させることになりそうです。
瓦礫の処理の速やかな解決が大事なことは、ハエが大量発生した昨年の4月には分かっていた筈です。
今更ながら、何の解決力も説明能力も無い国の指導者たちに怒りを通りこして悲しい気持ちになってしまいます。

「地元に利益を誘導できるかどうか」を基準に国会議員を選んできたツケがまわってきたのでしょう。
地元への利益誘導を一生懸命やるのは知事や県会議員の仕事ではありませんか?
国民の生命と財産を守る、今回のような非常事態に対処するのが国会議員の仕事ではありませんか?

例えば、津波で被災し更地になった沿岸部に、瓦礫の処理施設を数十か所建設し、早急な処理を始めてさえいれば、復興予算は被災地に
集約投下され、仕事を失った方の雇用も生まれ、新たな産業の育成にもつながります。
先ほどの東京都が依頼した東電の関連会社がそうであるように、ゴミを焼却するにはエネルギーが必要ですが、ゴミ自体も燃える事で
エネルギーを生み出します。 つまり湯も沸くし発電も出来ると言う事になります。

数十か所はそれ自体が先々の被災地の強力なインフラ設備となって行く筈です。
建設場所が私有地である事など、さまざまな難しい問題は多いでしょう。 全体の復興計画の中にどう位置づけるかの議論も必要でしょう。
でも、それらを討議し実行に移していくのが政治と言うものではないでしょうか?
政局ドラマにはうんざりしています。 今は国難とも言える非常時なんですから。
                       ( F )


目次 ≫次へ

□■コラム「昨日のつづき」□■メンテナンス・シリーズ
welcomeaccessgallery
ボストンバッグ/リュックブリーフケーストートバッグハンドバッグショルダーバッグ/ポシェット
サードバッグ財布・小銭入れ各種カバー各種ケースetc.
ベルト
時計

HOME/shopping
FreeHand Co.,Ltd
copyright: (C) Free Hand. all rights reserved.