FREE HAND(フリーハンド)は、オイルレザーを中心とした本革のクラフトマンズショップです。バッグ(鞄)革小物レザーウェアなどをオリジナル製作(手作り)、販売しています。

                    
目次

☆☆☆ フリーハンド ☆☆☆      2009.04.09

    
 【バーゼル(国際時計見本市)情報】  その@    コラム 昨日のつづき Vol. 62の1

 毎年3月末〜4月のこの時期、スイス・バーゼル市は2009年の新作モデルの展示と商談で世界中のバイヤーが訪れてにぎわいを見せる。
しかし、世界的な不況の影響か、ここ10年の中では人の出も少なく総体的には寂しげな印象であった。
メインの展示館の入口近くのブースは、ピアジェ・パティック・AP・コルム・ロレックスなどが定位置を占めてはいたが、プロのバイヤーと真剣なやりとりをする姿も少なく、
ついでに言うと、2Fのシャネルやエルメス・ブルガリなどの高級ファッション時計のブースも、2号館の宝飾系の展示会場も似たようなものであった。

 今年の全体的な特徴を言うと、斬新な話題になるようなデザインは何処にも無く、ダイヤル(文字盤)やべぜル(風防ガラスまわりの金属枠)を色変化させているだけの、
平板なものが多いようだった。  新作のデザインに社運を賭けるといった意気込みは、現在の状況からは難しい事なのかも知れない。
前出の超高級時計ブランドでも例外で無く、見なれたモデルが赤や青など色違いで作られていた。(限定数モデルとして有った事から見てコレクター向けであろう)

 スイスの時計業界は、スオッチを除きクオーツからは一段と離れ機械式時計に明確に傾斜しているが、「機械式」で有る以上、デザインは行き尽くして、形状などは
これ以上の進化は無いとの事かも知れない。
3〜5年ほど、フランクミューラーを代表とする「トノー型」も、ハッキリと飽きられたような感じである。  この1〜2年主流の50mmを超えるような「ビッグフェイス」は
今年も各社とも展示していたが、ダイヤルもべぜルもケースも剣(長針・短針・秒針)も全てブラックのグラデーションで作られた「ブラック/ブラック」シリーズが多く、
ほとんどのメーカー共、出品していた。  蛇足だが、もし、購入希望の読者がいたら、ブレスレットまでブラックにはしない方が良いであろう。
黒メッキは金属と金属が擦れて必ず剥げる。  PVD加工(ダイヤモンド加工メッキ)などの物も、高額なだけで、いつかは剥がれる。
第一、すべてブラックの時計など時間が読み取り辛くてならない。(歳のせいで目が悪いんじゃ・・・なんてツッコマナイ事!)
だから、取引契約はして来なかったが、どうしても!と言う方はご相談下さい。
                                                                                  ━━ 明日につづく ━━ (K)



☆☆☆ フリーハンド ☆☆☆

    【バーゼル(国際時計見本市)情報】  そのA    コラム 昨日のつづき Vol.62の2

 展示ブースで最も大きいスペースを有していたのは、当然ながらスオッチグループである。
オメガ・ハミルトン・ラドー・ティソなど十を超えるブランドを買収し、ムーブメントメーカーであるETA社も傘下に抱えて、その影響力は巨大なものになっている。
従って、グループ内で価格帯が競合するブランドが並立する事態となり、注意深く観察していると、交通整理が始まっているようだ。
例えて言えば、同じエンジン同じシャーシを使っていても少しづつ顔が違って、カローラよりマークXは高価でマークXよりクラウンは高く、クラウンよりセルシオは高級と
いったような自動車メーカーのワイドセレクション戦略のようになって行く事だろう。  どのブランドがどの価格帯に収れんされて行くのかはいづれ明らかになると思う。 
このグループは時計をビジネスで割り切り投資対象として位置づけている。  ファッションブランドを買収していくのもその理由だ。 
スイスの時計業界自体がドライな風潮で、創業一族が引き続き経営に参加していること自体まれな事で、超有名ブランドの経営が米国・イタリア・ドイツ・香港などと
世界中を渡り歩いているなんて当たり前の世界なのだ。 


 10年ほど前から、「AICHI」と呼ばれる独立時計師の展示場が出来ている。
文字通り、独立した時計職人達だ。  彼らは金属加工から研磨・組み立てなど全て自分の手でやってしまうクラフトマンだ。
だから一つ一つがオリジナルであり、ケースやべぜルに龍や女性の顔などと言った彫金も施すので特注も受けている。
当然ながら、引き受けるのは貴金属加工が中心なので、価格は一つが1,000万単位の特注品である。 
有名なハリウッドの俳優やミュージシャンが客には多いようだが、例の将軍様からも2〜3個頼まれたらしい。  日本の某タレントもバイヤー経由で注文しているそうだ。 
興味があれば、旅費・宿泊費・飯付き・通訳料込みでご案内申し上げる(笑)。

                                                                 ━━ 13日(予定)に続く ━━ (K)



☆☆☆ フリーハンド ☆☆☆

      【バーゼル(国際時計見本市)情報】  その
B

 さて、そろそろ「本題」に入ろう。 もちろん今年の「グリシン」「L I P」「ユンカース」などの2009年モデルについてである。
今年の一押しは「ユンカース」です。──現在のルフト・ハンザ航空の前身でも有ったユンカース社は米国ダグラス社と世界の飛行機技術の先端を競ったヨーロッパを
代表する航空機メーカーであった。 第一次大戦の敗戦で解体されたが、第二次大戦で甦り、連合国を恐怖に陥れた戦闘機を作りだす。 ふたたびの敗戦で技術は散逸して
しまい、ルフトハンザ航空に引き継がれるが、「ユンカース」自体はコクピットイメージの「時計」を作りだす事で現在ファンを広げている。──
今年は創業150年の記念年のようで、飛行船ツェッペリンの時代のシンプルなコクピットデザインを思わせるモデルを発表していた。
ビス止めされた角型のべゼルの内側にドーム型の風防をつけた、いかにも機能的なデザインのものであった。   クロノ手巻きは7〜8万円台、オートマチック自動巻きは
4万円台、クォーツタイプは2万円前後〜と、高額化しているスイス業界の中では、かなり目立つ程のリーズナブルな印象であった。
5月の連休後あたりから入荷する予定なので、是非楽しみにお待ちして頂きたいと思う。

                                                               ━━ グリシン・L I Pは次回に続く━━ (K)



☆☆☆ フリーハンド ☆☆☆     2009.04.25

    
国産品を買いませんか?    コラム 昨日のつづき Vol.63

 今朝のニュースショーで、安い事で知られる洋服チェーン店と外食チェーンの値下げ合戦を相変わらず取り上げてました。
「不況時の生活防衛には助かる・・」とかコメントしてましたが、本当にそれで良いのでしょうか。  値下げ競争に参加できるのは大手資本だけですし、
値下げ出来るのは外国生産だからです。 このままだと国内の農業や製造業は立ち行かなくなってしまいます。 
反論も有るでしょうが、このような国中が苦しんでいる時こそお互いに助け合う必要が有るのではないでしょうか?
皆が少しずつ我慢して、日本の農業や漁業・製造業を守りながら国内でお金を回す事で不況から脱出する時ではないでしょうか。
( F )


☆☆☆ フリーハンド ☆☆☆
   
昨日の続き「国産品を買いませんか?」   コラム 昨日のつづき  Vol.63の2


 今、世界中で経済立て直しに必死の状況が続いています。 日本経済も予断を許されない状態です。
政府が15兆円を超えるような補正予算案を提出したのも、高速道路が¥1,000になるのも特別給付金が¥12,000配られるのも全ては内需を拡大しようとの意図の筈です。
そして、その財源はほとんどが借金で、借金を返すために近い将来の「消費税の値上げ」を予定しているのも明白な事実です。

 そのような背景の中で、何の考えも無しに利己主義的な考えで、ただ(安いよ・安いよ)に振り回されていると結局”ツケ”は自分に回ってきます。
農業を始めとした第一次産業から複次産業まで、国内で資金が回る事が最も重要で、国内産業が活気づいた結果、所得税が上がり法人税収入が増え国内企業の間での
取引が増え消費税収入も増えて、プライマリーバランスが正常化され、そして「消費税」を上げる必要が無くなった・・・と言うのが理想です。

 無意識無分別に買い物している人が多くいるために、日本の産業が苦しんでいるのは事実です。
はっきり言って、拉致被害者奪回のため・核武装阻止のためにも開かれている「6ヶ国協議」で日本の言い分に反対ばかりしている(あの国)の服飾品をどうして平気で
買うのですか? 毒入り餃子や農薬野菜の事をもう忘れたのですか? カラージーンズが流行なら何処で作っていようと良いのですか? 産地偽装は有っても鰻は安い方が
良いのですか? 海外に生産拠点を持てるような大企業だけが救われて、国内の下請け産業は何うなっても構わないのですか? 
      ( F )


☆☆☆ フリーハンド ☆☆☆     2009.04.29
    
国産品を買いませんか?へのResponse

 何人かの方からレス頂きましたが、ビミョーな問題も含まれてましたので要約して紹介します。ご了承下さい。    敬 略称しました。
@ 同意見の方。 実際に国内産を買うように実行している方。                       (りんご)(梓)(T・M)(湘南September)(ちゃらこ) 
A レザーブティックのBBSに掲載するような内容では無いとのご指摘                   (K・T)
B 旅行も国内旅行に切り換えたとの内容                                    (ぼっこ)(らっこ)(ちとせ)
C 地方経済の疲弊の具体例を書いて下さった方                                (めたぼ君)(Я次郎)(幌尻岳)
D 軽薄なマスコミ・主にTVメディアのミスリードが原因と筆者の真意を読み解かれた方”サスガ”    (SINYA


☆☆☆ フリーハンド ☆☆☆      2009.09.11

    
 おしゃれって何なのでしょう?        コラム 昨日のつづき Vol.64

 先週国立代々木競技場で「東京ガールズコレクション」が開催されました。
結論から書きますと、コレクションと言うにはとても違和感のあるものでした。 パリやミラノやニューヨークとは全く異質の、ファッションショーと言うよりアウトレットモールの
イベントに近い、低俗な雰囲気を醸し出していました。  会場の熱気は凄まじいものでしたが、装うことを芸術の域まで高めた前者に比べて下賤とまで感じてしまいました。
もちろん、パリもミラノも世界的で巨額なビジネスを伴っています。 しかし、あくまでビジネスは副次的なものとして認知されています。
それに対して、モデルが着て歩くそばから、携帯を使って少女たちにリアルタイムで買い物をさせているシステムを考え出した事だけ見ても、既に生産されている服や雑貨を
”売るため”に企図された即売会なのでしょう。  そして私に嫌悪感まで感じさせたものは最も”売れた”ブランドが評価されている事でした。

 それにしても、少女たちは何故同じ服を着たがるのでしょう。 
何時の時代でも当然流行はあります。 ただ、服から靴・バッグ・アクセサリーの選び方まで同じ傾向で、歩き方話し方も一緒なのは返って不自然な気さえします。
他人と異なった服装をしたり、他人と違う意見を述べる事が「いじめ」の対象になると心の底から思いこんでいる世代だからでしょうか。  だとしたら悲しい事です。

 難しい話をする気はありませんが、太古から人間は個性を追求して来ました。  他人と違う自分を認識する事が「自我」を目覚めさせ、他と比較することで喜怒哀楽など
情緒を育んできたのだと思います。  他と違う”己”への欲望が想像力を高め、創造力を生み、結果として文明の発展を遂げたのだと思うのです。
今の若い世代は、余りにも膨大な情報に溺れきって、情報を分析して正しいものとそうで無いものとに分類する(思考する)時間が足りないのでしょう。
だから、資本の力でひたすら情報を発信し続ける一部のブランドに盲目的にひれ伏してしまうのでしょう。
当然、経済の原則としてそのような企業は大量生産を基本としていますから、中国を生産基地にしているのです。

 繰り返しますが、全国に数百店も有る店で、同じ洋服を買い同じ靴を着て、それは「おしゃれ」ですか? おしゃれとは自分の個性を美しく表現する事ではないのですか?
背の高い人も低い人も、痩せてる人も太っている人も、顔立ちの華やかな人も清楚で静やかな面立ちの人も、同じ洋服同じ化粧で良いのですか?
今回のショーで高級化したことで知られる某百貨店まで、新ブランドを立ち上げて参加していたのもショックだった。  (F)

フリーハンドはこの秋冬、個性的な美しさのお手伝いをさせて頂けるよう、いろいろな提案をしてまいります。


☆☆☆ フリーハンド ☆☆☆     2009.11.09

    ──カシミアを考える@──             コラム「昨日のつづき」 Vol.65

 カシミアとはヒマラヤ山脈ネパールの西、インドとパキスタンとの国境付近の山岳地帯カシュミール地方に棲息するカシミア種の山羊の毛から取れた繊維を言います。
高度8000m級の山脈に囲まれたこの地方は寒暖の差が激しく、冬はマイナス40度にもなる厳寒の地で、一年を通して強い風が吹きつけている環境です。
そのような風土に暮らすカシミア種の山羊は、自分の体温を冷気から守るため比較的長くて太い体毛の下に、柔らかくて細い産毛(うぶげ)を巻きこむように作っています。
体毛の二層構造です。 柔毛(にこげ)は羽毛のダウンボールのように空気を閉じ込めて体温から生れる輻射熱(遠赤熱)効果で自分の身体を守っているのです。
この柔毛を年一度体毛の抜け変わる春に「櫛(くし)」などを使って採集します。 
一頭から取れる量は200g程度で、汚れなどを洗い取ると150g程度しか有りません。  セーターは5〜6頭分、ロングコートなら20〜25頭分くらい必要です。

 「繊維の宝石」と呼ばれるカシミアの価値は稀少だから・・・では有りません。  「肌ざわりの良さ」と「暖かさ」にこそカシミアの価値が有ります。
私たちが感じる「肌ざわりの良さ・暖かさ」は、まず繊維の細さで決まります。  細ければ細いほど良い訳で、逆に繊維が太いほどチクチクして感じますし、
敏感な肌の人はアレルギー症状まで起こします。  
では、カシミアはどの位の細さでしょうか?   人間の髪の毛は平均50〜70ミクロン程度です。 1ミクロンは1000分の1ミリです。  一般的な羊毛のウール素材は
25ミクロン程度です。 30ミクロンを超すようになるとチクチク・・を感じます。  高級と言われるメリノウールが22〜23ミクロンです。
テーマのカシミアはどの位の細さでしょうか?  何とカシミアは15ミクロン程度の細さです。 この細さが宝石とまで言われる価値観なのです。

 カシミア種の山羊の総数は6000万頭と言われています。  この内、純粋にカシュミール地方にいるカシミア山羊は3分の1程度だと推測します。
古くから、カシミアを扱ってきたヨーロッパの商人・生産者は、更にその毛の色具合でランク付けをし、美しい染色の可能なホワイトカシミアを超一級品として
価値づけて来ました。  ホワイトカシミアは全体の1割もいないでしょう。
このランクのカシミアは古くからの取引のある人間とその組織の間でしか取引されていません。  そのクラスだけを一流品と呼べるのです。
計算してみましょう!  先ほど、セーターで5〜6頭分必要だと書きました。  6000万÷3×0.1=200万頭÷5〜6≒33万〜40万着となります。
世界中で40万着弱です。  コートやストールや手袋、更に寝具用の毛布なども作っていますので、それぞれは本当に稀少なものになります。

カシミアとは、そう言う素材です。  1万を切るセーターなど本来は有り得ません。  まして大型量販店や安売りがテーマのチェーン店に存在する方が不思議なのです。

 さて、ここからが問題です。
カシミア山羊は厳しい気候風土の中に暮らすから、このような柔毛を作りだしたのだと書きました。
このカシミヤ種の山羊を低地の草原地帯で育てたらどうなるのでしょうか?   動物は気候に合わせて自らの特徴を変化させます。
温帯の草原の牧場で暮らす山羊たちは、体温の低下を防ぐ必要が無くなりますから「柔毛」を作りだす必要も無くなります。 進化なのか退化なのかは分かりませんが、
体毛は太い直毛に変化して行くのです。  これは「カシミア」なのでしょうか?  動物学的にはカシミア種の山羊を交配させて作った山羊はカシミア種の山羊です。
だから、この山羊から採取した体毛で作ったセーターやコートやストールはカシミア100%と表示して何の問題も無いのでしょう!
                                                                                     ── その2に続く ──


☆☆☆ フリーハンド ☆☆☆     2009.11.11

    
 ──カシミアを考えるA──           コラム「昨日のつづき」  Vol. 66

(11.09の続き)
 カシミア種山羊だけでなく、南米アンデス高地に棲息するアルパカやビキューナ、中央アジアのアンゴラ、西アジアのモヘア等々最高品質と呼ばれる獣毛は、
彼らの育った気候風土にこそ特性が有ります。
この事はもう理解されたと思います。  動物を原材料とする製品は品種が貴重なのではなく、育った環境が価値なのです。

 かつて、インド・パキスタンの紛争の時、パキスタンはカシュミールの一部を中国に割譲し、中国を巻き込むことで、この周辺の国境線を確定しないよう図り、
実効支配している土地を領土とする事に成功しました。 この時、一部のカシミア山羊たちも中国の国民?になったのです。
「繊維の宝石」とまで言われたカシミアを、かの国の人たちは利益を生む家畜にする方法を考えたのでしょう。

 10.31付このBBSで<蘭丸さん>がブルゴーニュワインの事に触れられていましたが、中世以降欧州圏を中心に、「産地主義」や「知的所有権」は互恵的な考えとして
全ての人の了解事項でした。
英国の羊毛などはそれぞれの地域によって家々によって羊の育て方を競い、ウールの文化を作り上げて来ました。 格子柄の編み物は、その柄・配色によって
生産地域が分かるほど、生産地自体が商標とされるような文化を熟成してきたのです。
日本でも京友禅・江戸紫・久留米絣・大島紬・結城紬など、それぞれの地域で研鑽を重ねた地場産業が有ります。
欧州圏でも日本でも、流行の中で売れている商品をコピーして販売する事は違法です。  生態系の仕組みを壊してまで利益を追求する事は本来は犯罪にも等しいのです。
法律が無いからと言って産地偽装する人はほとんどの国では一部の人に限られますし、まして国家的プロジェクトでなど想像の域外です。
前回、カシミア種山羊は6000万頭程度が世界の総数と書きましたが、この内カシュミール地方の総数は2000万頭です。
差し引き4000万頭と言う膨大なカシミア山羊が、元々の気候とは違う内モンゴルや外モンゴルで飼育されています。

 最後に大きな問題点を1つ。
羊が草食(グレイザー)なのに対して山羊は芽食(ブラウザー)です。   つまり、羊は草原の草だけを主食にするのに対し、山羊は草だけでなく低木の木の芽を好みます。
木の芽で足りないと木の皮を剥いで食べてしまいます。 大量の山羊たちは草原中の木々を絶滅に追いやり草原中の草を食べつくし、草原を砂漠化させてしまいます。
広大な内モンゴル地帯は次々と砂漠化が進んでいるようです。   日本の面積の数倍もの土地が次々と環境破壊されているのです!
草一本生えない黄土は季節風に巻き上げられて北京や上海の空を覆い、さらに海を越して日本の国土にも降り注いできます。 
黄砂は目に見えないウイルスを運んでいるのかも知れません。

 金を儲ける事しか見えない、見ようとしない安売り洋服商人たちを私は許したくありません。 まして、事業上の成功者だと尊敬する気になど到底なれません!
そして生活防衛のためなどと言いながら、何の考えも無く安ものに群がる消費者の一団も、結局は加担者(共犯者)だと思えてなりません。     ( F )


(参考)──世界の一級品(カシミア・ストール編)──

 ピアチェンツァはイタリア北部エミリア・ロマーニャ地方に有り、ミラノとパルマのちょうど中間くらいに位置しています。
古くはケルト人の支配する土地で、ローマ帝国以降南欧の要衝に有ったため19世紀半ばイタリアの統一までの間、支配者が次々と
変わるような変遷を経験してきました。   周辺に豊かな田園地帯を抱える事も有って、東ローマ帝国を始めナポレオンのフランス軍に
侵略されるなどの歴史の中で都市的な発展は妨げられたようです。 

ピアチェンチーノと呼ばれる民族は数あるミラネーゼともパルマ地方の人々とも違って素朴な印象を感じます。
第一次十字軍発祥の地とも言われ歴史的な遺構も多く残っていますが、伝統的な地場産業も盛んで、フリーハンドが販売する「カシミア・ストール」は
「PIACENZA」として多くの人々の憧れと信頼を勝ち取っています。
その「肌ざわりの柔らかさ」「目に映る光沢の美しさ」は世界の一級品と評価されるにふさわしい逸品です。
タグに入っている「1733」は、カシミアストールの生産を始めた年号で、当時の作り方そのままに品質を守り通しています。
フランス革命が1789年ですから何とも長い歴史です。  因みに「ジョルジオ・アルマーニ氏」はこのコムーネ(地方)の出身です。
目次 次へ

□■コラム「昨日のつづき」□■メンテナンス・シリーズ
welcomeaccessgallery
ボストンバッグ/リュックブリーフケーストートバッグハンドバッグショルダーバッグ/ポシェット
サードバッグ財布・小銭入れ各種カバー各種ケースetc.
ベルト
時計

HOME/shopping
FreeHand Co.,Ltd
copyright: (C) Free Hand. all rights reserved.