FREE HAND(フリーハンド)は、オイルレザーを中心とした本革のクラフトマンズショップです。バッグ(鞄)革小物レザーウェアなどをオリジナル製作(手作り)、販売しています。

                    
目次
Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━2006年 5月 31日号  VOL.056  
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

┌────────────────────────────────
│◇◆◇ 昨日のつづき   〜サードバッグを考える〜 ◇◆◇  
└───────────────────────

 先日、サードバッグA型の革断ち・型取りをしていた時、通し番号がNo.0499
だったので<底部パーツの裏面(見えない所)に、製作日・LotNo・私のサインが
入れてある>思いついて、製作ノートを開いて見たら、B型が132個・C型が現在
393個の製作数だった。  A・B・Cの3型合わせると通算製作数が1000個を
超えている事を知って、しばらくの間、不思議な感慨に浸ってしまった。

 試みに電卓を叩いて見た。  A型の製作に要する時間が約35時間、B型(現在
作っていない)とC型は共に約30時間かかるので、平均32時間とすると、掛ける
1000個で、32,000時間となる。 一日8H働くとすると、何と4000日・・・・・
休みなく働いても、実に11年間サードバッグを作り続けた事になる。
他の財布類や鞄・靴のデザインを考え、サンプルを作り、若いクラフトマン達を指導
しながらだから、実際は、私のこれまでの作家人生・職人生活のほとんど大半は
このサードバッグシリーズと共にあったと言えるのかも知れない。  それにしても
累計してみると、何と言う時の集積である事か、何と言う時の重みである事か。

 わたしは、現在までに、のべ100人以上のクラフトマンを養成して来たが、未だに
このサードバッグの作り方を誰にも伝えていない。
マシンと名のつく物は勿論、現代の便利な工具も一切使わず、最初から最後まで
江戸時代のような純然たる手づくりなので、伝えるべき後継者を思いつかないのだ。
もしかしたら、私の代でこの作品は終わってしまうのかも知れない。  だとしたら私が
生きている間、あと何個作る事が出来るのだろうか?  何か寂しい話になったが
気持ちを入れ替えて、まずは、次の目標NO.2000!  目指せ、名球会!!


                                ━━ 明日につづく (F) ━━


Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━2006年 7月 31日号  VOL.057  
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

┌────────────────────────────────
│◇◆◇ 昨日のつづき   〜レトリックを考える〜 ◇◆◇
└───────────────────────

 旧くからの友人で有能なバイヤーでもあるA・Y氏に「近頃“昨日のつづき”を
書かなくなったがどうしたのか?」と聞かれた。  何と答えたかは忘れたが、
書くことに空しさを感じていたのは事実だ。  仕事への信念や情熱を失った訳では
決してない。  自らの生み出すバッグや靴や財布小物たちに対する自信の程を、
そして革の世界での生き方を多くの人々に知って欲しくて始めたメルマガだったが、
筆力の無さの所為か上手く伝わらないもどかしさを感じたのも確かだ。

 現代の商品流通は、マーケ力・企画力・宣伝力などなど、商品の本質的な
クオリティーとは別の部分の力量が優劣を決定づけている訳で、その内容は
話題性作りとか、キャッチコピーを含むレトリックの上手下手が全てを決定づけて
いるのだろう。
 対面型販売の小売店が衰退し、スーパー・コンビ二などの業態が当然のように
なって久しいが、更に人と人との触れ合いの無いネット販売に入り込んだ今
商品を言葉で飾り立てる事は、最も重要な研究すべきものなのだろう。
あらゆるサイトをのぞいても「これは最も良い商品である」と語っているのは
当然の事だが、そこにはレトリックを駆使する<商人>と、それを信じるか・
信じないかの選択権をもつ<ユーザー>の2者しか存在していない。

<職人>はレトリックを武器にする必要があるのだろうか・
もともと職人の世界に、自分の仕事をレトリック(修辞)する必要は無い。
「腕」が良いか悪いか、それだけである。
レトリックは本来、商品の「価格」と「価値」がつり合うかどうかの、せめぎあいで
生まれるものであろう。  自らに恥じるかどうかが矜持で仕事する職人の思いは
ネット社会では、どのようにユーザーに伝えたら良いのだろうか?

 フリーハンドは、例えネット販売を通じてのお客様であっても、人が作り
人が説明し、人が買うと言うつながりをこれからも大事にしていきたいと思う。

                             ━━ 明日につづく (F) ━━


Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━2007年 4月  6日号  VOL.059
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

┌────────────────────────────────
│◇◆◇ 昨日のつづき   〜ボストンバッグ〜 ◇◆◇
└───────────────────────


 以前にも日本民族の特殊性に触れた事があるが、今回は<戦争観>について
考えてみたい。  古代より様々な理由で繰り返されてきた戦いの中身は、日本民族と
諸外国では驚くほど異なる。 黎明期から戦国時代を経て西南の役までの日本国内の
戦いは、王族・貴族・武士階級の間での権力闘争であり、町民や農民は直接的には
関与しないものであった。 領主は代わっても町・農民は同じところに住み続ける。
 それに対して、西欧・中東の戦争は宗教や民族の対立であり、基本的には殲滅戦争=
ホロコーストである。 島国であるわが国と違い、国境は戦いの結果で大きく移動を
繰り返してきた。 隣国・中国も春秋期より似た歴史を持っている。

 この事は「国」の概念に差異を生む。 農民を含む一般庶民は、国を守るべき支配者
階級が戦いに敗れる時、他民族による命と財産の保障は得られない。
従って、城を中心として工・商人の住居や店が集まり、その外側を城壁が囲むような
城塞都市の考えが生まれて来る。非常時には農民も城内に入れ込んでしまうのだ。
フランスのカルカソンヌ・イタリアのペルージャが有名であり、古代中国でも国とは
高い城壁に囲まれた内側の事を指す。 他国に攻められれば国民全てが守備要員と変わ
る。 すなわち籠城状態であり、籠城に失敗した時は「死」を意味する。 
だから、兵力に決定的な差があるときは、国民全員で国を捨て、大移動を敢行する。 

 さて、このような歴史は日本民族ほどには「土地・不動産」には執着せず、資産は
非常時に持ち運べる「貴金属など動産」に向かい、それらを入れて運搬する道具たる
ボストンバッグなど大型ラゲージに対してへの強い信頼を求めた。
早い話、命の次に大切な財産を入れたバッグは壊れたら困ると言うわけだ。
筆者は以前、ドーバー海峡近くのカレで地元の宝石商から、こんな話を聞いた。
第2次大戦末期、ドイツ軍の没収を怖れて、満潮になれば波に隠れる海岸に鞄ごと
埋めて、解放されてから掘り戻したと言うのだった。 当時、映画のようなこの話に
とても感動した事を覚えている。

 不思議な導きで、革職人として生活をしているわけだが、ボストンバッグを作る度
この話を思い出す。 この国では、ここまで突き詰めた思いでバッグを選ぶ人は無い。
しかし、前述の逸話を思い、壊れないようなデザインを心がけている。 結果として、
一枚革を使ったシンプルなものになってしまうのだが、実はこの「シンプルな」が、
一番難しいのも確かなのである。  07年3月発表のボストンも同様である。

                       ━━ 明日に続く (K) ━━
目次 次へ

□■コラム「昨日のつづき」□■メンテナンス・シリーズ
welcomeaccessgallery
ボストンバッグ/リュックブリーフケーストートバッグハンドバッグショルダーバッグ/ポシェット
サードバッグ財布・小銭入れ各種カバー各種ケースetc.
ベルト
時計

HOME/shopping
FreeHand Co.,Ltd
copyright: (C) Free Hand. all rights reserved.