FREE HAND(フリーハンド)は、オイルレザーを中心とした本革のクラフトマンズショップです。バッグ(鞄)革小物レザーウェアなどをオリジナル製作(手作り)、販売しています。

                    
目次

 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2004年11月5日号  VOL.046

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──TV通販──

 夏の頃、東京キー局の通販番組から出演依頼があった。
この番組の中で扱うイタリア製クロコダイルのBagについて、視聴者に安心感を与える
役回りで、既に台本も出来上がっていて、その内訳は次のようなものであった。

(1) イタリアの風景と、ミラノを中心とした街のおしゃれなイメージ画像
(2) 当地の工房の歴史と、厳選された素材と丁寧な作りの紹介
(3) 進行係と女性タレントの掛け合い。 デザイン性に優れているとのトーク
(4) 日本のかばん業界のオーソリティーからのお墨つき
(5) 売価の説明と買い方

 このように進んで行き、当然、私の出演シーンは4番目である。
驚いた事にセリフも決まっていて、大別して3つある。
「これ程の素晴らしい革は、日本では殆んど手に入らない」
「このような技術は日本では無理です。さすがイタリアの職人だ」
「100万円出しても、手に入らないものでしょう」

 勿論、この出演依頼は断るのだが、その前にTV局のスタッフは私の所へ来た事を
後悔したかも知れない。  商品を4点手にとって、次のように判定したからだ。
「このうち1つは、クロコダイルではありません。 アリゲーターです」
「縫製も仕上げも、日本の職人と比べたら、中の下です」
「良いところ、10万円台後半の商品です。 高く売っても28〜9万円」

 出演料は聞かなかったが、何れ程貰ったって受けられる話では無い。
全く、天下の某局ともあろうものが、金さえ儲ければの傾向が情けない。
ワイドショウは、ブランドバッグのバーゲン情報ばかり垂れ流すし、TVメディアは
社会の木鐸たれとは言わないが、社会の公器たろうとの自覚が持てないものか。

 先日、この番組が放送された。 私の代わりにY市の工房のオーナーが出演していた
Bagの値段は60〜80万円していた。 何れぐらい売れたか、結果は知らない。

                          ──次号につづく── (F)



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2004年11月15日号  VOL.047

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──天変地異──

 新潟中越大地震により被災された多くの皆様に心よりお見舞い申し上げます。
また、夏の頃より繰り返し訪れた台風により被害に遭われた三重県・四国各県を
始めとする沢山の方々の心労を思うと心が痛みます。    冬に向かうこの時期
くれぐれも健康に配慮され、復興・復旧に励まれる様お祈り申し上げます。

 今年は浅間山の噴火や、富士山の鳴動等のニュースもあり、改めて時として
訪れる自然界の荒々しさに右往左往し、その度に人間の能力の矮小さを
気づかされている。 欲得づくの人間の行動が天の怒りに触れているとさえ思える。
 かつての中国や日本では、天変地異や疫病が蔓延すると、時の為政者に
<徳>が失われたとして改元を行い、人心を一新して天の怒りを鎮めようと
したものだ。古代・中世の人々の無知を笑う資格は現代人には無い。

 南太平洋の水温が上昇した為に云々・・黒潮が大蛇行して云々・・
偏西風が例年より北寄りで云々・・・と、科学的には解説してくれるが
その遠因のいくつかは我々人間が引き起こしている筈だ。
 自分一人くらい・・・の集積が電気や石油の無駄使いを生み、やがて地球環境を
狂わせて行く。  人間のエゴの集約とも言える高速道路やスーパー林道が
里山での熊の視認増加につながり、やがては・・・・

 飛躍し過ぎと言われるかもしれないが、フリーハンドで扱う革製品の原材料は
自然環境を壊さない<タンニン革>に、こだわり続けて来た。
これからも<クローム鞣しの革>は拒否して行きたいと思う。
綿・麻・シルク・ウールを主体に洋服作りをしてきたのも人間として
この地球の一員としての自覚を、少なくとも考えて来たからだ。


                          ──次号につづく── (F)



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2004年12月15日号  VOL.048

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──釈迦とキリスト──

 私のまわりに居る20歳代の男女計17名に質問した。  「お釈迦さまの誕生日は
何月何日か答えられる人?」  結果0人。  「では、キリストの誕生日は?」
勿論、聞くまでも無い。  ちなみにクリスチャンは1人もいない。
日本民族の無宗教さに関する話は別にして、12月25日が何の日か、1億国民の全てが
知っているとは何と驚くべき事だろう。  当たり前の事をあらためて言うと、降誕祭の
意味を認識しているのではなくて、意識はクリスマス・イヴに集中している。

 子供達にとっては、自分の誕生日の他に、とっておきのプレゼントを堂々とねだれる
千載一遇の特別日だし、少し色気づいてから後は、1年に1度の最も重要なイベントの
日でもある。  この日をもって一生の伴侶が決定づけられたとの話を聞いた事も
決して少なくないから、この日の為に数か月分の稼ぎをつぎ込むようなケースもあって
不思議では無いのかも知れぬ。

 半世紀前までは、日本人にとって12月24日も2月14日も特別な日では無かったし
余程12月14日の方が有名だったろう。(前述17人は、これも全滅かも知れない)
どうやら、百貨店や菓子メーカーの戦略に見事取り込まれてしまったような気もするが
きっと、このイベントはこれからも続いて行くに違いない。

 人は誰でも、自分以外の人を喜ばせるのが好きなのだろう。  プレゼントの包装を
開ける時のワクワクした感情が、プレゼントを渡す方に共鳴して何とも幸福な気分に
なって来る。  品物を手にした時の嬉しげでいてテレたような・・・子供のように
はしゃいで良いのかどうか喜び方を考えて困った様な顔を見ていると本当に楽しい。
プレゼントする方は、既に品物選びをしている時から、この至福を感じているのだ。

 今年は恋人同士でなくとも、今さらなどとテレずに、古女房や古亭主にも、両親達や
大きくなってしまった子供にも、会話が少なくなった兄弟姉妹にも、プレゼントを用意
しては如何だろうか?   イエス=キリストも愛を説いているようだし・・・・。


                          ──次号につづく── (F)



Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□□昨日のつづき□□           2005年1月5日号  VOL.049

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──過去を捨てる──

 先日、TVを見ていたら、高校生・大学生の中に、ケータイの月間通信費が数万円も
かかる人が、かなりの比率で居ると言っていた。 その為にアルバイトをするとも言う。
自分にも覚えがあるが、この年代は<友達>の存在が何よりも大切なものであり
<一人ぼっち>の恐怖が何よりも耐えられない事なのだろう。  しかし、人間にとって
<孤独>は、扱い方によっては己自身を育んでくれる絶好のチャンスでもある。
慣れきった意味の乏しい言葉の往復から逃れ、自分を見つめ直す貴重な時間でもある。

 自分自身で大切にしていた事が、実は浅薄な習性であり、本当は意味や意義など何も
無くて、ただの悪癖だったなんて事は沢山ある。  喫煙や寝酒など、その代表格で
あろうし、だらだらと残業しているのも、休日に仕事をしてしまうのも、気合だ・
根性だ・連帯感だと叫ぶのも、みんなこの悪癖なのかもしれない。
<人は、過去に培って来た様々なものを、一度捨てる必要があるのかも知れない>

 我々のフリーハンドショップも、種々なキマリ事を作って来た。
「オイルレザーしか作らない」「最大1色10点しか作らない」「リピートはしない」
「雑誌の取材は受けない」「百貨店への出店はしない」 etc, etc.....
新年を機会に、自らに課した二十数年の約束事を捨ててしまおうか?  勿論、ここまで
フリーハンドを支えてくれたユーザーの皆様の意見を聞いてからの話だけれど。

 1分1秒も無駄に出来ない忙しい年の瀬に、いろいろ考え込む様な悪癖も捨てねば。
読者の皆様にとって良い年になりますよう願いながら、今年最後のペンを置こう。
来年もShopへのサポート同様、このコラムへのご意見・感想など、どしどしとヨロシク。


                          ──次号につづく── (F)



 Look me !! 限定製作 Bag,靴,財布,革衣料の新作情報[フリーハンド]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
□□昨日のつづき□□           2005年5月15日号  VOL.052

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

──鉄道事故と職人世界──

 G/Wも終わったが、今年のGWに限っては、鉄道に不安を感じた人が多かったと思う。
福知山線の事故は、少なからず衝撃を受けた。
NHK・BSのワールドニュースを見たが、世界中の多くの国でも、このニュースが
放送されていた。  世界一安全と言われた日本の鉄道への信頼が揺らいでいるとの
論調が共通だった。 また、正確な時刻を追い続ける日本の特殊事情とも言っていた。

 そう言えば、新幹線に乗ると「この列車は、定刻より2分遅れで○○駅に到着致します
お急ぎのところ、まことに申し訳ありません」とのアナウンスを、しばしば耳にする。
わずか1〜2分の事なので、別段気にもせずに聞き流していたが、運転手・車掌にとって
1分2分が余程のプレッシャーになっていた事を理解させられた。

 ひと昔というか、ふた昔程前に、フランス人の友人が東京に来た時、山手線の2分毎に
発着するのを見て、「こんな芸当を当たり前に成し遂げる日本人は、気違いとしか
思えない」と言っていた。
 逆に、こちらが彼の国に行った時、予定時刻を2時間も遅れて到着したのに、鉄道員も
客も誰もが平然としている事に不思議な思いがしたものだ。  その時、一緒に居た
同国人に「特急料金は何分遅れから、払い戻しされるのか?」と聞いてみたら、両手を
広げながら「遅れるのが嫌なら、列車になんか乗れない」と言われ、絶句した事がある。
 鉄道で、こうなのだから、BUSの時刻表ときたらあってもなくても同じで、停留所で
は、いつ来るかわからないBUSを悠然と待ち続ける風景が当たり前なのだ。

 今度の事故で、あらためて考えてみたら日本の鉄道の運転手は、つくづくと職人的な
人達なのだと思う。  机上で計算されたダイヤグラムの通りに「分」どころか秒単位で
スピードを調整し、あの数十メートルもある列車を、数センチ単位の誤差で駅のホームの
定められた位置に停止させるのだ。  先のフランス人の言う通り、気違いじみた
几帳面さなのかも知れないが、我々は、それを明治時代以来、百年もなし続けて
きたのだ。 そして、同時に「安全な乗り物」としての評価も手に入れたのだ。
そんな労苦の対価として得た最大のものは<鉄道マンとしてのプライド>だった筈だ。

 そのような職人世界的なものと、効率とコストという利益追求構造がズレを生じたと
言うより齟齬を来たしたのだろう。  TVの某コメンテーターが「安全のためなら
時刻表は正確で無くとも良い」と言っていたが、それは全くの間違いだ。
世界一安全で、世界一正確な鉄道を維持し続けてこれたのだから、これからも、それを
維持していかなければならない。その抵抗を見つけ、排除すれば良いだけの事だ。
 安全のためと言う大義名分を振りかざすのなら、その一方で、芸術的とも言われる
ダイヤ編成をしてのける作成者や、終電の後、長い線路を一歩一歩点検している保線員や
車両を金槌で叩いて異常を聞き分ける技術者など、先の運転手も含めて、名も無い
職人達の労苦に、もう少し光を当ててあげたい。  彼等を認める事が、彼等のプライド
を育て、それこそが結果的に安全につながって行く筈なのだ。

 妻を今度の事故でなくした中年の紳士が、TVのインタビューに答えて、「私も含めて
日本人が、日本と言う国がゆるんでいる」と言っていたのが、いつまでも心に残る。


                          ──次号につづく── (F)

目次 次へ




□■コラム「昨日のつづき」□■メンテナンス・シリーズ
welcomeaccessgallery
ボストンバッグ/リュックブリーフケーストートバッグハンドバッグショルダーバッグ/ポシェット
サードバッグ財布・小銭入れ各種カバー各種ケースetc.
ベルト
時計

HOME/shopping
FreeHand Co.,Ltd
copyright: (C) Free Hand. all rights reserved.