K型 「ブリーフケース」

シンプルで飽きのこないデザインが、最後は一番良いのではないでしょうか?
通勤用にもビジネスシーンでも持つ人の品の良さを演出してくれます。
虚飾を排し、原点に戻るつもりで企画いたしました。
  A/4サイズ対応です。
(同じ形でB/4サイズ対応の大きさも作れます。¥92,000+税です)
 K-052 「Light Holder」
価格¥80,000円 送料別
(税込価格¥86,400)

【素材】
【サイズ】


【重量】
オイルレザー
縦 約26.0cm
横 約39.0cm
マチ 約6.0p
約1,240g
お買い物はこちらから
カラー
個数
ご注文方法
商品について問い合わせ


 注; 在庫切れの場合
ご注文頂いてからの製作となります。
 レンガ
 ビター

 ボルドー
 ブラック
 ブルー
 グリーン
こちらのカラーで製作出来ます。


2段階調節出来るスマートな錠前
金具はつまみを下方向にスライドして外します。

ハンドルは男性の手にも女性の手にも
なじむよう、厚口の革を重ね合わせて
作っています。

前胴ポケットは、携帯・パスケースなど
こまごました物の収納に便利です。
内側にサービスポケットが有ります。
奥に掛かって見えるのは錠前の鍵です

背側サイドから前面を1枚の革で作る
(革をはがない)、ここが良いブリーフ
ケースを見分けるの最大のポイントです


バウハウス運動とLight Holder  近年、ユーロ圏では「バウハウスへの回帰」が、様々な分野でキーワードとなっているらしい。 ここ数年のユーロ圏全体を覆う
不況のムードが原因か、動力車のように他の産業をも巻き込んで力強く引っ張っていく革新的なものが、政界はもちろんとして経済界にも無く、美術・音楽などの芸術畑にも
現われないことへの失望が起因なのかもしれない。  平たく言えばケネディやドゴールのようなスター政治家も、ビートルズやストーンズも、シャネルやサンローランも遠い時代になってしまった。
人々は思考方法からファッションにまで影響を与える「スーパースター」と呼ばれる存在に長い間出合えていない。  幼児から老人と呼ばれる世代まですべての人が知っているような存在は誰が最後だったのだろう?  ギリギリ、M・ジャクソンあたりが時代に影響を与えた最後のような気がする。 
「スーパースター」1人の出現は、世界中の政府機関の経済刺激策・経済投資を合わせたより大きいような気がする。

さて、バウハウスとは第一次世界大戦終了後ヒトラーに解体されるまで当時のドイツで開校された建築・美術・工芸などに関する学校の名であるが、合理主義的な考え方や機能主義に特化した考え方そのものを指すこともあり、当時のモダニズムやヌーヴォーに大きな影響を与えた。   日本からの留学生たちが帰国後教授となった芸術学部も多く現存している。
バウハウスは1996年に建築・芸術・土木・情報を柱とした総合芸術大学・バウハウス大学として新しいスタートを切っている。

現在、あらゆる商品の造形が販売不振なことも相まってデザインが虚飾化され過ぎている。 その反動として、バウハウス的な機能主義の製品作りがユーロ圏で見直されてきたようだ。  フリーハンドもその考え方に立ち返って、シンプルなブリーフケースを作ってみた。   シンプル イズ ベストと言ったところだろうか?


−K型−
K型シリーズは商品を作ると言う気持ちでは無く、壊れない物を作りたいとの想いから始まったシリーズです。
その為、「できるだけ革だけで作りたい」と考えています。
レザー小物からスタートしたK型シリーズですが、現在はレザーバッグにもアイテムを広げ、お客様にお応えしようと
考えています。長い間お使い下さい。修理も可能です。
(K型以外のシリーズの一部に修理出来ない物も有ります。 ご承知置き下さい。)

□■コラム「昨日のつづき」□■メンテナンス・シリーズ
welcomeaccessgallery
ボストンバッグ/リュックブリーフケーストートバッグハンドバッグショルダーバッグ/ポシェット
サードバッグ財布・小銭入れ各種カバー各種ケースetc.
ベルト
時計

HOME
FreeHand Co.,Ltd
copyright: (C) Free Hand. all rights reserved.