「うめ」 さん使用歴約20〜30年モノ

いやぁ〜懐かしいですねーー。  調べてみたら、どのバッグも1980年代後半発表の子ども達ですねー。 
可愛い我が子たちが大切に育てられているのは、生み出した父親にとって本当に嬉しいものです。
そして、こんなバッグを作った10代の頃(ウソでーす・笑)の
自分を想い出して、ちょっとセンチな気分になっています。
                     フリーハンドオーナー(F)

>以前ショップが原宿にあった頃に買った
「大物愛着シリーズ」を投稿しますねって、約束していた写真をこれから連続投稿します。まずは、この1枚。 
よかったら使って下さい。

ちょっと庭の雑草が気になりますが、そこは目をつぶっていただいて。。。()

ちなみにブリーフケース初代は使用2年目程で盗難被害(悲)にあい、こちらは2代目となっております。

ベルトは今回HPブログの記事となっておりましたので、一緒に送信しました。

それぞれかなりヘビーに酷使していますが、ローテーション使いして負荷がかからないよう大事に使用しております。

 さつき さん  L-804「ダリア」グリーン


この大きさはいい! 使いやすい。色もいい!
バサット開くのがいい。ポケットに文庫本も入るし。
電車で座ってもヒザの上にに収まる。
満足度 120%!!


ありがとううございます。
落ち着いたデザインで非常に使いやすいと人気のバッグですよ。

サンプルの時点で気に入って頂き、御予約くださいました。出来上がりのご連絡を差し上げたその日に取りに来てくださいましたね。



2007・5月発表バッグ

ある日のショップにて
さとこさん 旅行にいった帰りにお店によってくれました。

2005・12月発表ボストン

旅行に行く機会が少なくてあまり使ってないですが、時々家で乾拭きしています。
たくさん入るのにコンパクトで、とても使い易いです。「浪漫飛行」君と名付けてかわいがっています。
                                        さとこ

2代目オーナーに狙われるボストン


2シーターのオープン
イイ絵になっていますね〜

時には気ままな一人旅を満喫していらしゃるのか?
それとも・・・・

いろいろ想像がふくらんでしまう写真です。



1994・9月発表
「Domi」 さん→ 使用歴11年(Camel) 

 このボストンを手に入れてから結婚やら何やら、いろいろと生活スタイルの変わった11年でした。
旅行に行くにも、1人分の荷物を持てば良いというわけにはいかなくなり、滑車つきのナイロントランクなどを使う時期がありました。  そこにさらに登山にでも行くのかと言うようなリュックを背負ったりして、とてもボストンを持っては歩けませんでした。  使ってこその鞄が、留守番続きの憂き目に遭ってきたのです。
 ですが、子供たちが自分の荷物を運べるようになり、余裕が出てくると、やはり旅の友としてこのボストンに勝るものはありません。  この夏休みを前に、梅雨の湿気を払うべく日々磨いて、出番がやってくる日への準備を怠りなく過ごしています。
 このごろは幼稚園の娘が部屋にやってきて「みがきたい!」と10回ほど擦って戻っていきます。
どうやらもう、兄に先んじて狙いを定めているようですが……。
 あと15年ほどして、私に「バッグを買ってあげるよ」と持ちかけられて、それでも「このボストンがイイ!」と言えたなら、観念して譲ることにしましょうか(笑)。


 久々のキャメルのボストンの出品です。
お子さんの成長で、復活の時がやってきたようです。
しかし、それは2代目オーナーへ受け継がれる序曲のようでもあります。
その時には、更に雰囲気のあるバッグへと成長していることでしょう。

 ステキな画像とコメントを有難うございました。
                      



社員旅行で即購入


1995・11月発表
COCOROさん→ 使用歴10年(Camel) 

初めてのフリーハンド・アイテムは多機能セカンドでした。
私がそれを仕事で使っているのを見て、密かなファンが生まれていたのです。
東京への社員旅行が10年程前にありました。
既にファンと化していた仲間を連れてお店に立ち寄った時、目に飛び込んだのがこのバッグでした。
「ボストンを買うぞ!」と意気込んではいたのですが、まさに期待通り。
即、購入。
その時、新しいお客さんを4人増やした事は忘れられない思い出です。
今は何かと出番の多い、愛着あふれるボストンです。


このバッグも早10年ですか。  社員旅行で東京に
いらした時に4人でお出でになった日のことを今でも
よく覚えています。 
ボストンをお買い上げ頂いたうえにお客様も紹介
して下さって、本当に有難うございました。
それにしても、このボストンもずい分貫禄が出てきて
います。
革の柔らかさはかなりのもので、そろそろたたんで
収納出来るのではないかと思ったほどです。
次回の出張が楽しみですね!

温泉行脚 同行中


1997・3月発表ボストン
「S」 氏 → 使用歴7年(Brown) 

 この10年仕事はずっと忙しく、休暇もままならない生活が続いている。
それでも、年に2回位は仕事を上手くやりくりして連休をとり、温泉旅館に出かけて
美味しい魚とお酒で至福の時を過ごすのが大きな楽しみ。
最近はもっぱら東北地方が気に入っている。

 そんな時につれていくのがこのボストンバッグ。
革のバッグだけど、旅館の畳敷きの和室に置いた時に不思議な程調和がとれる。
その風景を眺めているだけでも、何となく安らいだような気がする。
私にとって、「癒し」のバッグと言えるかもしれない。

 
 東北の温泉ですかぁ。 酒の肴として身の締まった刺身などは最高ですね。
いやいや、そういう話ではなかったですね。

和室に置かれたボストンバッグ、何ともイイ絵になりそうですね。
ここまで革の調子が良くなったボストンが、どのように空間にマッチしているのか興味深いです。
次回は是非、そんな写真も期待しております。

3年目のパートナー

「S.S」 氏 → 使用歴13年(Camel) 

 平成3年に購入。 気がついたら13年も経ったことに我ながら驚いています。
仕事のかたわら、写真も趣味の域を超え、東京に来た時はカメラ屋さんと
フリーハンドに寄るスケジュールとなりました。
そして、先日「黒」のボストンを購入。
このボストンもきっといいパートナーになることと思います。



このデザインのボストンも13年ですか。
大き目の容量とデザインでとても人気があったモデルです。
「黒」のボストンと使い分けて、仕事にプライベートに活躍させて下さい。

次回は自慢のカメラで撮影した写真もお待ちしています。


1990・9月発表

Y.Nさん→ 使用回数5〜6回 
使った年月よりも手をかけた回数で勝負! 
左は未使用  /  右は「Y.N」さんのボストン
                                                              2001・3月発表
磨いた回数は数えきれません。
このボストンを使う時ってホント心躍るんです。
みんなのボストンもこんなツヤが出てるかな?

個性的なデザインと軽さがウレシイ

K.Sさん→ 使用歴2年(Brown/Camel) 

最近皆さんのボストンバッグが紹介されていますね。
私のボストン実は「1点モノ」。  他のボストンもあるけれど、このところこればかり使っています。
タウンユースにも便利で軽いので、今1番のお気に入りです。

本体の革がイイ調子に馴染んできてます。
使用頻度が高いとのことですが、このボストンだけでなく他のボストンもナカナカのものでした。  まだまだこの先が楽しみなバッグです。




1998・4月発表麻の帆布とオイルレザーのコンビで発表した内、革製で作った一点ものです。

『親友』

ピーマンさん→ 使用歴5ヶ月(Camel) 

今年の春に買ったばかりだから大した年月じゃないけど、ツーリングや旅行に、けっこう使ってる。
どこへ行くのも一緒で『親友』ってとこかな。
どんな時でもホント頼れるヤツだよ。
これからもヨロシクな!


まだ半年にも満たないですが、革も柔かさが出てきてイイ調子になってきています。  お手入れをマメにしているのが十分に伝わってきます。これから永い将来にかけて、ステキなお付き合いをして欲しいですね。




2001・3月発表

迷ってないで使ってみようよ! (もちろん、キャメルね!)

CAMEL MASTERさん→ 使用歴15年(Camel) 

高校&予備校卒業後、無事上京してまいりました。初めて原宿のFHを訪ねたときからボストンバッグに憧れておりました。死ぬ思いでバイトして買ったのが、このボストンです。あの時のFHの社長の言葉を今でも憶えています。 『内に来るスチュワーデスのお客さんが,シンプルなボストンが欲しいと言うことで出来上がったのがこのボストンだよ』  この言葉に・・・購入いたしました。少しお休み期間が長く一昨年にお手入れしてもらい、復活を遂げました。

こちらもオミゴト!! これこそHN通り、自慢の逸品と言えるでしょう。





1988・5月発表

今1番使ってるなぁ


転勤族さん→ 使用歴15年(Black) 

 私がこのボストンを買ったのはかれこれ15年前。
転勤の多い私は東京生活も短かったのですが、その間にフリーハンドさんと知り合ってオイルレザーのバッグや小物を揃えました。
最近転勤は少なくなりましたがその分出張が増え、この容量の大きさに助けられております。

1988・5月発表
 フリーハンドのボストンの中でも大変大きいモデルの出品です。
着替えや書類をはじめ、まさに出張には心強いバッグです。
ついつい荷物を詰めすぎるので、お手入れもマメに行っているとのことでした。  ツヤとしっとりとした調子がナンとも言えない位GOODです。!!

おいらの一生モノ ── これからが楽しみだな

ほたる族さん→ 使用歴14年(Black) 

ボストン自慢においらも出品させてもらいます。
社会人2年目の時に、「一生使えるものを」と考えて思い切って買ったものです。 
当時、黒も良いがキャメルも捨て難い、う〜ん、どうしよう ・ ・ ・
と2〜3日悩んだのが懐かしいなぁ


いいツヤが出てますね〜、革の柔らかさも十分伝わってきます。
「一生モノ」として購入のこのバッグ、これからもどんどん使ってきっとさらなる成長をさせてくれることでしょう。

今後も楽しみなバッグの出品、有難うございました。





1988・8月発表

ボストンは一家に一本  買っておいて良かったな

T.Yさん→ 使用歴19年(Black) 

この前久しぶりにサイトを見たら、とても雰囲気のあるボストンがアップされていてついつい私も出品してみようと思い立ってしまいました。
以前は出張用に、最近は家族とピクニックに行く時などによく使っています。 手入れは年に数回程度ですが、時々視線が集まっているのを感じることもあり【私の自慢のバッグ】です。

これはまたまた年代モノの登場です。
「口前の金属の製作にずいぶん苦労したのを今でも覚えている」とはアトリエのチーフの言葉。
アンティックな雰囲気は使い続けた年月のなせる業。
末永く愛用して下さい。




1985・5月発表

子供の世代に受け継がれる・・・将来も楽しみ

リッチーさん→ 使用歴10年(Brown) 

これは社会人になった年にすご〜く思い切って買ったボストンです。
旅行や出張にも使えて、子供の世代に伝えるつもりの自慢のバッグです。
このバッグでよく研修や出張へ行きましたが、毎回上司や先輩たちに(たまには後輩達にも)「いいバッグ持ってるな〜」と言われ、鼻高々です。

写真は夏休みに里帰りから戻って来た時に東京駅で撮影したものです。
新幹線のホームであわてて撮ったのが悔やまれます。
もっといい写真で出品したかったのに・・・

このバッグも早10年ですか。
ボストンバッグにしては比較的使用頻度が高いと聞いていましたが、まさかここまでになっているとは ・・・・ 予想以上でした。
将来こんなバッグを使えるお子さんは幸せですネ!

(1993年発表の作品です)




1993.10月発表ボストン

どれだけの時間と気持ちをこのバッグに注いでくれたことか・・・

K1GPさん→ 使用歴15年(Brown) 

岡田さんのボストンに触発されて、その週末にはSHOPへ持ち込んだ。
俺の「最高の親友」と思っているBAG ─ みんな見てくれー!これからずーっと永い間イイ関係でいれるよう、自分自身もみがくぞ!!

またまた貴重なボストンの出品です。
「親友」と言うだけあって多くの時間を共有したことでしょう。

こちらは1986年発表の作品です。  これなら自慢したくなりますネ。





1986・10月発表

21年の歳月をかさねて・・・

岡田智久さん→ 使用歴21年(Camel) 

Boston Bag自慢に参加します。
これは21年前、就職祝い として、祖母にねだって手に入れたものです。
今、高一の息子に狙われて居ります。

どんな旅に行ったのか? 今度話をお聞きしたくなりました。

将来息子さんも大切に使ってくれることでしょう。
調べてみたら1981年秋発表の作品でした。 7本作った内の1本です。



1981・10月発表


□■コラム「昨日のつづき」□■メンテナンス・シリーズ
welcomeaccessgallery
ボストンバッグ/リュックブリーフケーストートバッグハンドバッグショルダーバッグ/ポシェット
サードバッグ財布・小銭入れ各種カバー各種ケースetc.
ベルト
時計

HOME/shopping
FreeHand Co.,Ltd
copyright: (C) Free Hand. all rights reserved.